スポンサーリンク

台北駅西部(西門町・万華周辺)

特集

キュウフン

台湾の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

大の親日国である台湾は一人旅にはうってつけの国だ。交通網もしっかり張り巡らされており、治安も良く、女性でも安心して旅行することができる。この記事では、台湾を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Linjiang-Street-Night-Market

【台湾】台北のお勧め定番観光スポット10選

初めて台北に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

taipei food

台北で食べられる台湾の名物料理10選!お勧めグルメ旅

アジアの先進国としても知られる台湾の大都市、台北市。近年超高層ビルや、国際都市としても世界的に注目されているスポットでもある。日本統治を経験し、中国の大きな影響を受けている台北には、日本料理や中華料理が合わさったような「台北料理」が存在する。洗練された高級料理ではなく、何か懐かしい家庭料理的な中華が特徴のグルメが数多くある。市場の屋台で人気な台北グルメ、台湾料理レストランで日本人に人気の一品、食べ逃したくない台北料理が盛り沢山。エビや牡蠣に始まる海鮮、アジアでは欠かせない豚肉料理、台湾定番料理の「牛肉麺」など味わっていただきたいものである。

台北の予約したいレストラン

台北のお勧めレストラン予約【日本語で予約】

台北には世界中の美食が集まり、高い評価を受けるレストランが軒を連ねている。ただ、旅行者として訪れたときは、知識や言語の問題で、本当に素晴らしいレストランには行きづらいのが現実。そこで、HowTravelは台北に行ったら絶対に訪れたいおすすめレストランを厳選した。いずれも日本語での予約が可能。行きたいレストランを見つけて事前予約していこう。

special-column-jiufen

美しく幻想的な景色が広がる九份!台北からショートトリップ

台北市内から車で一時間足らず、日帰り旅行に最適な観光地「九份」。台湾北部の新北市瑞芳区にある山間に位置するこの街は、かつて金鉱の街として栄えていた。その後、当時の面影を残すレトロな街並みは、たびたび映画やドラマのロケ地に使用され、1990年以降再び脚光を浴びるようになった。現在は、山道の細い路地に、台湾民芸品が並ぶ雑貨店、台湾グルメを味わえるどこか懐かしい風情の屋台、ゆったりお茶を楽しめる茶芸館などお店が数多くあり、台湾一大観光地となっている。 夜景が美しいことで知られる九份だが、海沿いの山間部なので雨が降りやすい。傘、カッパなどの雨具を必ず持っていくことをお勧めする。

Taipei plan

台北旅行6泊7日の予算とモデルプラン

台北旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する歴史的収蔵物を多く展示する国立故宮博物院。台北市内を一望できる台湾一高いビル「TAIPEI 101観景台」。展望台見る夜景は圧倒されるだろう。200もの軒を連なる台北最大の夜市「士林観光夜市 」。グルメやショッピングを深夜まで楽しめるのは、夜市ならでは。歴史的建造物に近代的スポット、グルメ、ショッピングなど様々な観光が楽しめる台北は、充実な時間を過ごせること間違いないだろう。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

taipei

台北からバスで1時間の温泉渓谷、鳥来をご紹介!

台湾は日本と同じく温泉文化のある国。特にこの鳥来は台湾を代表する温泉スポットで、少し時間をかけても行くべき場所です!

台北駅西部(西門町・万華周辺)

9件

Mengjia Longshan temple

1

龍山寺

霊験あらたかな観音様

中国福建省から移住してきた人々が1738年に創建した、台北市内で最も古い寺院。地震や火災、戦争により被害を受け、何度も再建・修理をしている。現在の本堂は1947年に再建されたもの。 本尊は、1738年に中国福建省泉州の龍山寺より贈られた観世音菩薩。第二次世界大戦中に米軍の空襲により、本殿が破壊され石柱までもが全壊したが、本尊である木像の観音菩薩像だけは無傷であった。その為、空襲があると観音様のお膝元は絶対安心と信じて人々が集まった。不思議な事に集まった人々の中に死傷者が出なかったという。 また、龍山寺には本尊である観世音菩薩の他にも、薬師如来、孔子、関帝(関羽)、媽祖、文昌帝君、月下老人、華陀仙師、註生娘娘等、大小合わせて160以上に及ぶ神が祀られている。台湾ではこのようにさまざまな神様や歴史上の人物を一緒に祀っていることが多い。

Ximending

2

西門町

若者の流行の発信基地

西門町は台北の原宿と呼ばれており、地元のティーンエイジャーが集まる流行の発信基地になっている。日本統治時代初期に建てられた西門紅樓 (シーメンホンロウ)は、現在では劇場やカフェ、雑貨店などが入る複合施設となっている。若者向けの最新のファッションや靴、化粧品やグッズ、またキャラクターグッズを扱う店などの他、デザイナーによるオリジナルグッズを扱う店などがひしめいている。また、映画の街とも言われており、複数の映画館が並び、映画の看板やキャラクターが街を飾っている。

Red House Theater

3

西門紅楼

台湾の新しい文化の情報発信地

1908年建築家近藤十郎が「八卦造型」をとりいれ設計した、台湾で初めての政府が建設した公営市場。 八方から集まってくるイメージを市場の入り口、「十字架造形」を市場の主体の特色にしている。 現在は三級古跡市場建築物に指定されている台湾で最も古い建物。

スポンサーリンク

Wanhua

万華

台北発祥の地

かつて台湾の原住民族であるケタガラン族が住んでいたこの一帯は「萬華」と呼ばれる。 ケタガラン語で丸木舟を意味する「ヴァンカア」が「萬華」の語源となっており、この一帯に流れている川で用いた丸木舟がその語源。 台北で「新荘」に次いでもっとも早くから開けた地域だ。

華西街観光夜市

ちょっと怪しい雰囲気漂う夜市

台北市内で、最も古い観光夜市。 ここは夜市と言ってもアーケード街であり、屋台ではなく普通の店舗を構える店が多い。 近くに河があったため、たくさんの物資が運ばれ、台北で最も古くから栄えていた街のひとつである。

Bopiliao

剥皮寮

清朝時代の伝統的街並み

龍山寺のそばにある、数少ない清朝時代の伝統的な面影を残す街並みが保存されている。 「剥皮寮」という名前の由来は、清朝時代、石炭や木材の集散地として発展し、この場所で木材の皮を剥いでいたことから。

Wan hua 406 hao guangchang

西本願寺広場

古さと新しさの融合

西本願寺は日本統治時代の明治29年(1896年)に浄土真宗本願寺派が布教のために建てられた当時台湾で最も大きな日本式寺院。 だが、1975年に大きな火災に見舞われ本堂をはじめ、ほとんどの建物が焼失してしまった。 近年になって、台北市の開発が進み、日本統治時代に建てられた建物を保護しようという意見が増えており、台北市政府が一部を市定古跡に指定するなどして跡地を修復、整備して公園として開放した。

スポンサーリンク

fuzhou-yuanzu-hujiaobing

福州元祖胡椒餅

台湾一の元祖胡椒餅

地元で50年以上も愛されている人気胡椒餅屋。家族経営のお店は龍山寺近くの路地裏にひっそりと佇んでいる。胡椒餅とは、外はパリパリで中はもっちり、中には胡椒が効いた甘めの肉餡が詰まっている人気屋台フードだ。

台湾台北Naked Foodの料理

ネイキッドフード

独自の調理方法で体に良いものを届ける

ネイキッド・フードは、栄養と生きているということを意味しており、体に優しい料理を提供するベーガンレストランとしてオープンした。食べ物の中に含まれている酵素やミネラルを破壊しない45度以下の温度で調理するという独自の調理方法でゲストに料理を提供している。店内は、オレンジの壁紙が印象的で、お洒落で高級感溢れる内装になっている。広くて素敵なキッチンでは、料理教室なども行われていており、健康に良い料理を提案している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク