台北当代芸術館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

台北当代芸術館 (タイペイトウダイゲイジュツカン)
台北當代藝術館 (タイペイダンダイイーシュグァン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Museum-of-Contemporary-Art-Taipei_100-1080x719.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Museum of Contemporary Art Taipei

1919年の日本統治時代、近藤十郎設計により建てられたレンガ造りの建成小学校校舎。戦後はずっと台北市政府として使われた。市政府の移転後に改修され2001年に美術館としてオープンした。建物の一部は今も中学校として利用されている。小さく区切られた教室、廊下、階段等、小学校の構造を上手に使ってアート作品が展示されている。常設展示は無く、2か月毎に展示内容を変えている。

展示

台北当代芸術館(MOCATaipei)の展示は、現代美術や現代アートが中心。不定期に講座やワークショップが開催され、美術課程も実施し教育活動にも熱心に行っている。

作品タイトル下にあるバーコードをスマートフォンで読み取るとその作品のガイドを聞ける。スマートフォンをもっていない場合はガイドを借りるのも可能。ただし音声は中国語と英語のみである。

台北旅行者の必読記事

(Photo by Wei-Te Wong Francis)

人気記事

外貨両替窓口
台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク