林安泰古暦民族博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

林安泰古暦民族博物館 (リンアンタイコレキミンゾクハクブツカン)
林安泰古厝民族文物館 (リンアンタイクーツォミンズウウェンウークワン)

2017/05/15 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Lin-An-Tai-Old-Home-Stead_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Lin An Tai Old Home Stead

福建省から台湾に渡って商売を営み財を成した林家の豪邸。台北最古の古民家と言われている。1987年、約10年の歳月をかけて敦化南路エリアから現在の場所へ移転された。明、清時代の福建省の建築様式である中庭を中心に、対称的に配置された四つの棟を持つ四合院建築が見所。建物の規模は移転の際3分の1に縮小されたが、台北で最も保存状態の良い建物である。交通の便があまり良くないので、駅からタクシーを使った方がアクセスしやすい。

構造

建物内には窓がほとんど無い。しかし、天井が高く直射日光が入らない為、夏涼しく冬は暖かい作りになっている。各部屋には実際に使用されていた家具が置かれている。内装は一見シンプルだが、高価な黒檀や紫檀が使われているのに注目しよう。よく見ると繊細な螺鈿細工や彫刻が施されている。壁やドアには龍、鳳凰、桃、蓮の花等、縁起の良いモチーフが描かれている。

台北旅行者の必読記事

(Photo by Udo Schoene 百楽兎)

人気記事

外貨両替窓口
台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク