士林・天母×建築物

3件

National Revolutionary Martyrs' Shrine

1

忠烈祠

戦争で亡くなった英霊を祀る祠

忠烈祠は戦争で亡くなった英霊を祀る祠。辛亥革命を始めとする抗日戦争や、中国共産党との戦いで亡くなった約33万人の志士・軍人の霊、また著名な政治家、SARSの治療で命を落とした医師等の国家に貢献した人々の霊が祀られている。1時間ごとに行われる息の合った衛兵交代式が有名で、観光客からの人気も高い。 祠は大門、中央広場、山門、大殿、鐘楼、鼓楼、文烈士祠、武烈士祠で構成。白色がベースの大門、中央広場、山門に対して、大殿や鐘楼は中国宮殿様式を採用した赤い柱と豪華な彫刻が施されている。

The Shilin Presidential Residence

2

士林官邸

蒋介石夫妻が愛した庭園

1950年に故蒋介石元総統と宋美齢夫人がこの地に居を構え、1975年に蒋介石が病没するまでの26年間を過ごした場所である。 1996年まで一般開放されていなかったが、その後庭園と官邸の一部を一般開放し2012年に全面的に公開されるようになった。 1階は応接室などがあり、2階が夫妻の私室となっている。西洋風の建築に内装は中国風のしつらえで、調度品の見事さはため息が出るほど。

Taipei Cityhall

3

台北探索館

体験型展示で楽しみながら台北を知ろう

2002年12月、「市政資料館」を「台北探索館」として市庁舎の中にリニューアルオープンした、台北市のオフィシャルセンター。 政府機関主催といっても、堅苦しくなく気軽に楽しんで見れるようになっている。歴史文化以外にも現在の台北市の産業等も紹介されており、台北の今と昔を知ることが出来る。体験型展示が多いので子供でも楽しめる。

スポンサーリンク