福山宮の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

福山宮 (フクヤマキュウ)
九份福山宮 (ジゥフェンフーシャンゴン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Fushan-gong_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Fushan gong

九份の街外れの高台にある福山宮。1848年に金鉱が掘り当てられたのをきっかけに、土地の神様(福徳正神)への感謝と採掘作業の安全を祈願する為に建立された。その後、廟の拡大をする際に元の廟を取り壊すのを恐れたので、その周りに廟を増築したと言う。こうして珍しい「廟中廟」という形になった。日本統治時代には台湾で最大の土地公廟と言われていた。

見どころ

三合院造りの建物もさることながら、数々の彫刻が素晴らしい。台北の中でも珍しい亀(龍になりうるとして崇められていた)や天使の彫刻がある。福徳正神のほか、註生娘娘と観世音菩薩が祀られている。福山宮前の燈籠は、当時日本人が寄付をした記録が刻まれている。九份の喧騒に疲れたら、少し足を延ばしてこの静かな空間を味わってみよう。高台にあるので眺望も素晴らしい。

台北旅行者の必読記事

(Photo by Bunkichi Chang Bunkichi Chang)

人気記事

外貨両替窓口
台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク