台北駅南部(中世紀念堂周辺)

特集

台北のホテル

【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地である台北だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

キュウフン

台湾の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

大の親日国である台湾は一人旅にはうってつけの国だ。交通網もしっかり張り巡らされており、治安も良く、女性でも安心して旅行することができる。この記事では、台湾を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Linjiang-Street-Night-Market

【台湾】台北のお勧め定番観光スポット10選

初めて台北に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

taipei food

台北で食べられる台湾の名物料理10選!お勧めグルメ旅

アジアの先進国としても知られる台湾の大都市、台北市。近年超高層ビルや、国際都市としても世界的に注目されているスポットでもある。日本統治を経験し、中国の大きな影響を受けている台北には、日本料理や中華料理が合わさったような「台北料理」が存在する。洗練された高級料理ではなく、何か懐かしい家庭料理的な中華が特徴のグルメが数多くある。市場の屋台で人気な台北グルメ、台湾料理レストランで日本人に人気の一品、食べ逃したくない台北料理が盛り沢山。エビや牡蠣に始まる海鮮、アジアでは欠かせない豚肉料理、台湾定番料理の「牛肉麺」など味わっていただきたいものである。

special-column-jiufen

美しく幻想的な景色が広がる九份!台北からショートトリップ

台北市内から車で一時間足らず、日帰り旅行に最適な観光地「九份」。台湾北部の新北市瑞芳区にある山間に位置するこの街は、かつて金鉱の街として栄えていた。その後、当時の面影を残すレトロな街並みは、たびたび映画やドラマのロケ地に使用され、1990年以降再び脚光を浴びるようになった。現在は、山道の細い路地に、台湾民芸品が並ぶ雑貨店、台湾グルメを味わえるどこか懐かしい風情の屋台、ゆったりお茶を楽しめる茶芸館などお店が数多くあり、台湾一大観光地となっている。 夜景が美しいことで知られる九份だが、海沿いの山間部なので雨が降りやすい。傘、カッパなどの雨具を必ず持っていくことをお勧めする。

Taipei plan

台北旅行6泊7日の予算とモデルプラン

台北旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する歴史的収蔵物を多く展示する国立故宮博物院。台北市内を一望できる台湾一高いビル「TAIPEI 101観景台」。展望台見る夜景は圧倒されるだろう。200もの軒を連なる台北最大の夜市「士林観光夜市 」。グルメやショッピングを深夜まで楽しめるのは、夜市ならでは。歴史的建造物に近代的スポット、グルメ、ショッピングなど様々な観光が楽しめる台北は、充実な時間を過ごせること間違いないだろう。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

taipei

台北からバスで1時間の温泉渓谷、鳥来をご紹介!

台湾は日本と同じく温泉文化のある国。特にこの鳥来は台湾を代表する温泉スポットで、少し時間をかけても行くべき場所です!

台北駅南部(中世紀念堂周辺)

28件

National Chiang Kai-shek Memorial Hall

1

中正紀念堂

中正紀念堂は蒋介石を称え造られた記念館

中正紀念堂は、中華民国の初代総統である蒋介石の活躍を讃える為に建てられた記念施設であり、台北101、故宮博物院と並ぶ台北の三大観光名所である。蒋介石の本名は「中正」で、台湾では「蒋中正」と呼ばれることが多い為に「中正紀念堂」の名称が採用された。本堂は高さ70メートル、面積1万5千平方メートルとで、中国大陸がある西向きに設計された。敷地全体は25万平方メートルと広大で、劇場やコンサートホール、庭園や池も併設。国民の憩いの場としても親しまれている。 1975年に蒋介石が87歳で逝去した際、行政院(日本の内閣に相当する機関)の意向で建設が計画され、蒋介石の90歳の誕生日である1976年10月31日に竣工。死後ちょうど5年目にあたる1980年4月5日に一般開放された。メインフロアの奥には巨大な蒋介石の銅像があり、その前には儀仗兵という銃を肩から下げた衛兵が数名いる。1時間ごとに行われる、軍靴を鳴らして規律正しく行う衛兵の交代の様子が有名である。

Maokong mountain

2

猫空

台北からショートトリップで空中散歩

台北市内から20分ほどで行ける、鉄観音茶で有名な猫空。 たくさんの中国茶やお茶を使った料理を楽しめるお店が並び、ゆったりと時の流れを感じながらお茶を楽しめるエリアだ。 「猫空」駅までは「動物園」駅から猫空ゴンドラに乗ると便利。

Yongkang Street

3

永康街

台北一のグルメスポット

中正紀念堂がある永康街は、グルメや雑貨やカフェが並ぶスポット。日本統治時代から高級住宅街として知られていたエリアで、少し歩くと閑静な住宅街「青田街」があったり、朝から賑わう「東門市場」や「東門外市場」等がある。ふらっと街歩きに繰り出してみよう。

スポンサーリンク

Taipei Zoo

4

台北市立動物園

サファリパークの様な動物園

1914年台湾台北市中山区で開園された台湾で最も古い動物園。1886年に現在の場所に移転された。 柵が無く出来るだけ自然に近い状態で飼育されているため、それぞれのエリアが広く、敷地はかなり広大。 すべて見て回るには1日でも足りないかもしれない。

Zhongshan Hall

中山堂

日本統治の名残

中山堂は日本統治時代に「台北公会堂」として作られた。 1928年昭和天皇が即位した際に計画され、4年の歳月をかけ、1936年完成した。 この施設の建設労働に9万4千5百人が動員され、総工費は当時の金額で98万円費やされた、一大事業だった。 当時は東京、大阪、名古屋の公会堂に次ぐ4番目の大きさだった。

National Taiwan Museum

国立台湾博物館

日本統治時代に建てられた台湾初の博物館

「国立台湾博物館」は二二八和平公園内にあるギリシャ様式の華麗な博物館で、天蓋のステンドグラスが有名である。 この博物館は、日本政府により「児玉総督および後藤民政長官記念博物館」という名称で1908年に南北縦断鉄道の開通を記念し、台湾初の博物館として作られた。

Shida Night Market

師大夜市

おしゃれな店が多い夜市

近くに国立師範大学があり、グルメ以外にも若者向けの洋服やアクセサリーが豊富で比較的安価な店が並ぶ。 他の夜市と比べて規模は小さく、観光客も少ないが、観光グッズを置いている店などがないので、地元感覚で楽しめる。 安くてかわいい洋服を買うならこの夜市という地元の若者に人気の夜市である。

スポンサーリンク

The Lin Family Mansion and Garden

林本源園邸

中国伝統の園林建築

林本源とは、林氏一族を祭る組合の号の意味である。 1778年に福建省より林家の祖先である林応寅が台湾に渡ってきた。その後次男の林平侯が渡ってきて、商売が成功し莫大な財を成した。1847年、板橋に弼益館を建設したのが始まりといわれている。

northern gate

北門

北の城壁

「承恩門」「台北府城北門」とも呼ばれる。 清王朝時代の遺構で、1879年に建立された。 19世紀後半中国清王朝は、日本が琉球を統治し、台湾に侵攻するのを懸念し、台湾を統治する「台北府城」を建立し、東西南北をすべて城壁で囲んだ。 城壁の跡は今の主要路になっており、中山南路(東)、中華路(西)、愛国西路(南)、忠孝西路(北)として残されている。 5つの城門があったが、この北門のみを残し、日本統治時代にすべて取り壊された。

Chengzhong Market

城中市場

地元感漂う市場

城中市場は台北駅からほど近い、「霞海城隍廟」の近くにある庶民的な市場である。 2メートルほどの道幅の200メートルほどの通りに60件ほどの店が並び、売っているものも服飾、雑貨、飲食物など多種多様である。 「おばちゃん通り」と呼ばれるほど女性が好みそうな服や健康グッズ、化粧品、お土産品が安価で売られており、女性の話声が絶えない。