スポンサーリンク

シンガポール北部・中部×観光

このカテゴリーをシンガポール全域で見る

特集

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ebizou-singapore

市川海老蔵が訪れたシンガポール観光スポット【シンガポール】

市川海老蔵さんがシンガポールで訪れた場所をご紹介。歌舞伎のシンガポール公演の合間での観光だったので、あまり多くのスポットは回っていませんが、「シンガポールの観光大使になりたい」と言うほどシンガポールが好きになったようです。 シンプルだけど、ゆっくりと時間をかけて回る大人の旅になっています。 市川海老蔵さんの旅を参考にシンガポールを満喫してみてはいかがでしょうか。

シンガポール北部・中部×観光

4件

Kranji War Memorial

1

クランジ戦没者慰霊碑

静かな戦没者慰霊碑

第二次世界大戦で亡くなった戦没者の慰霊碑。 この記念碑は、第二次世界大戦時に自由のために戦い、亡くなった、イギリス、オーストラリア、カナダ、スリランカ、インド、マラヤ、オランダそしてニュージーランドの男女への敬意を表している。 墓地の他にも戦争で亡くなりまだ遺体が見つかっていない兵士の名前が刻まれているメモリアルウォールも見ることができる。

Sungei Buloh Wetland Reserve

2

スンゲイ・ブロウ自然公園

シンガポールの中の大自然

シンガポールにこんな大自然が残っていることに驚かされる広大な鳥の楽園である。 およそ87ヘクタールに及ぶこの湿地帯では、多種多様な動物、鳥、植物などを観察することができるシンガポール最北部にあるマングローブ林を中心とする指定湿地帯自然保護区となる。

Bukit Timah Nature Reserve

3

ブギ・ティマ自然保護区

シンガポールで原始の熱帯雨林を訪れる

中心部CITYエリアからも車で20分ほどで到着するブキ・ティマ自然保護区は、狭い国土を徹底的に開発したシンガポールにおいて、唯一手付かずの熱帯雨林特有の自然がそのまま残されている。

スポンサーリンク

The Japanese Cemetery Park

4

日本人墓地公園

海外に眠る日本人

日本人墓地公園は、1891年に建てられた、シンガポールで亡くなった日本人故人を祭った墓地である。 シンガポールで没した、江戸時代の船乗りで愛知県出身の山本音吉氏の遺灰が納められている。 山本氏は日本人として初めてイギリスに上陸し、イギリスに帰化するなど、彼の人生は壮絶なものだったが、多くの功績も残している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク