シンガポール西部×公園・広場・通り

このカテゴリーをシンガポール全域で見る

シンガポール西部×公園・広場・通り

4件

Haw Par Villa

1

ハウ・パー・ヴィラ

極彩色の石像が並ぶハウ・パー・ヴィラ

以前は「タイガーバームガーデン」と呼ばれていた塗り薬のタイガーバームの創業者「胡文虎」が作った石像のテーマパーク。 中国に古くから伝わる神話をカラフルに彩色された石像で表現されており、そのシュールな光景が人気を呼んでいる。

Hort Park

2

ホート・パーク

生活を彩るガーデニングについて学べる国立公園

ガーデン王国シンガポールの国立公園として造られたのが、「ホート・パーク」である。 2008年に開園したパークでは、20の小さな庭園を見ることができる。 ガーデンのテーマもさまざまで、ファンタジーや緑との共存などいろんな庭園が鑑賞できるのである。

Mount Faber

3

マウント・フェーバー

自然を楽しむ遊歩道とマーライオンの小高い丘

標高200メートルほどの小高い丘が、「マウント・フェーバー」と呼ばれているスポットだ。 マイナスイオンたっぷりのウォーキングコースとして有名な場所である。 自然豊かなコースと美しいサンセットが見れることから、若い人たちのデートスポットとしても人気のスポットだ。

スポンサーリンク

ロロン・マンボン

4

ロロン・マンボン

欧米風のおしゃれスポットでショッピング

ロロン・マンボンは、ホランドビレッジの西側に位置するストリートのことである。 ホランドビレッジには、多くの欧米人が居住しており、おしゃれなカフェ、レストラン、雑貨店、ホーカーなどが立ち並ぶ。 大きなショッピングストリートではないが、おしゃれな場所として年々発展しており、多くの観光客が訪れる場所に変貌してきた。 特に、おしゃれな雑貨店があることでも知られおり、セレクトショップなども立ち並んでいる。