スポンサーリンク

シンガポールの公園・広場人気ランキング

公園・広場・通り

68件

Merlion Park

1

マーライオン公園

マーライオン公園は散策コースにおすすめ。

シンガポールのシンボルとしてあまりにも有名なマーライオン。その姿を一目見ようと、マーライオン公園には日夜大勢の観光客が押し寄せている。 シンガポールはマレー語ではスィンガプラ(Singapura)と言い、これは「ライオンの町」という意味。このライオンの上半身と、フランス語で海を意味する「マー」を魚で表現した下半身を持つのがマーライオンである。まさしくシンガポールの象徴と言え、現在も波をモチーフにした台座の上で、口から勢いよく水を吐き出している。

Gardens by the Bay

2

ガーデンズ バイ ザ ベイ

世界が注目する地球規模の温室は必見

ガーデンズ バイ ザ ベイは2012年6月に開業した巨大植物園である。温暖な気候を活かした大庭園で、これほどの敷地面積と建築を持つものは世界的にも珍しい。人口のスーパーツリー群が立ち並ぶ中、華やかな熱帯の植物たちが出迎えてくれる。 この植物園はその規模はもちろん、デザイン性も高い点が魅力。近未来を思わせるドーム型の2つの温室「フラワー・ドーム」と「クラウド・フォレスト」は思わず見とれてしまう美しさ。温室内では25万本以上の植物が栽培されており、学術的な価値でも評価されている。隅々までじっくりと観覧し、心ゆくまで熱帯の森を散策しよう。日中の気温が高いシンガポールだが、朝や夜は比較的涼しく、快適に楽しめるのでお勧めだ。

Bugis Street

3

ブギス・ストリート

シンガポールのファッションセンター

ブギス・ストリート は向かいにあるブギス・ジャンクションと隣にあるブギス・プラスと共にシンガポールの若者向けファッションセンター(アーケード)を形成している。

スポンサーリンク

Boat Quay

4

ボート・キー

シンガポールの中でも随一の夜まで賑わう街

シンガポール川の川沿いにある活気に満ちた街が、「ボート・キー」である。 商業の中心地として栄えた街として有名な場所。 現在は飲食店やバーが軒を連ね、ビジネスマンが足を運ぶスポットとして栄えている。

Robertson Quay

ロバートソンキー

シンガポールの魅力を凝縮した穴場スポット

ロバートソン・キーは、シンガポール川に面した埠頭(キー)である。シンガポールには、3つの有名な埠頭がある。その中で、最も大きい埠頭がロバートソン・キーである。元々は、外国人や現地の方達が居住していたり、倉庫が立ち並ぶ場所だったが、シンガポールの発展と共に、進化を遂げてきた場所である。

Fort Canning Park

フォート・カニング・パーク

シンガポールの歴史を感じられる場所

シンガポールのメインストリート「オーチャードロード」を見下ろす市民憩いのオアシスとなっているフォート・カニング・パークは、イギリス植民地時代に建てられた要塞「フォートカニング」の跡地。 また、14世紀マレーシアのサルタン・王が治めていた頃、まだシンガポールが「タマセク」と呼ばれていた頃の建築物の名残も残るシンガポールの古い歴史が詰まった場所でもある。

Little India

リトル・インディア・アーケード

二つの駅から広がる異文化の町

シンガポールが英国領であったころのインド人居住区がこの町の始まりだ。 インド人たちの文化で賑わうストリートはもちろん音楽からファッションまですべてがインド一色。 民芸品も売られており、お土産物を探すにも楽しいエリアだ。

スポンサーリンク

East Coast Park

イースト・コースト・パーク

心地よい市民の憩いの場

東西にひろがるビーチのある国立公園。 1時間単位で借りられるレンタサイクルで、約15キロメートルのサイクリングができる。 種類も普通のものからタンデム、ロードバイクまで色々な種類がある。

Siloso Beach

シロソ・ビーチ

気軽に砂浜散歩を楽しめる「シロソ・ビーチ」

セントーサ島にある3つのビーチのうちのひとつ。 セントーサ島にはシロソビーチの他、パラワンビーチ、タンジョンビーチがあり、各ビーチ間を無料のビーチトレインが運行しているので便利。

Haw Par Villa

ハウ・パー・ヴィラ

極彩色の石像が並ぶハウ・パー・ヴィラ

以前は「タイガーバームガーデン」と呼ばれていた塗り薬のタイガーバームの創業者「胡文虎」が作った石像のテーマパーク。 中国に古くから伝わる神話をカラフルに彩色された石像で表現されており、そのシュールな光景が人気を呼んでいる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク