スポンサーリンク

リトル・インディア×建築物

5件

Sri Veeramakaliamman Temple

1

スリ・ヴィラマカリアマン寺院

リトル・インディア一のヒンズー教寺院「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」

リトル・インディアの中で最も規模が大きく有名なヒンドゥ教寺院「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」の守護神は殺戮と破壊を象徴する女神「カーリー」だ。 全身黒色で生首をつないだ首飾りをつけ、切り取った手足で腰を飾った姿は、インド人の「破壊の先にこそ創造がある」という思想に裏打ちされている。

2

スリ・スリニバサ・ペルマル寺院

シンガポール有数の格式高いヒンズー教寺院「スリ・スリニバサ・ペルマル寺院」

1855年に建てられたシンガポールの重要記念建築物に指定されている由緒あるヒンズー教寺院で、現在の建物は1966年に建立された。 ゆったりと広い敷地の中でインドの神々の織りなす華麗な世界に触れることができる。 ヒンドゥー教の3最高神の1人、10の化身を持つビシュヌ神の彫刻が見どころ。

Sri Vadapathira Kaliamman Temple

3

スリ・バダパティラ・カリアマン寺院

色鮮やかなヒンズー教寺院「スリ・バダパティラ・カリアマン寺院」

1830年に完成したリトル・インディアのシンボルでもある歴史あるヒンドゥー教寺院で、守護神として女神カーリーが祀られている。 改造を重ね1935年に現在の姿に落ち着いた。

スポンサーリンク

テンプルオブサウザンドライツ

千燈寺院

シンガポール最大の仏像

千燈寺院は、1927年にタイの僧侶が建設したシンガポールの仏教寺院である。 この寺院は、シンガポールで有名な寺院の一つであり、地元の人も訪問している。 リトルインディアからほど近いこの寺院は、鮮やかな黄色の装飾が目を引く。 黄色のトラのオブジェや、お釈迦様が特徴で、中国や日本の仏教とはまた違った印象を受ける。

Leong San See

龍山寺

シンガポールを代表する道教の寺院

龍山寺は、シンガポールを代表する道教の寺院である。 道教は、中国三大宗教(仏教、儒教、道教)の一つである。 道教の寺院は、仏教の寺院とは、色使いが違うのが特徴である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク