シンガポールの観音堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

観音堂
Kuan Yin Thong Hood Cho Temple

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/12/slick_kuan_yin_thong_hood_cho_temple-1080x718.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Kuan Yin Thong Hood Cho Temple

観音堂はシンガポール最古の中国寺院である。この寺院の歴史は古く、1884年に現在の場所に建築されてからも何度か修復を行い、今の姿となっている。特に1900年代後半に行われた修復は大規模なもので、参拝者が増え過ぎた為に行われたと言う。観光客が多く訪れるが現地の参拝者も多い。内部での写真撮影は禁止されているので、参拝者に迷惑をかけないよう注意しておこう。

見どころ

周辺には他の宗教の寺院などもあり、地元民にとっては特別な地域となっている。観音堂内部にある千手観音へ多くの人がお祈りを捧げる。大音量でお経が流れ、内壁が金色で装飾されている為、日本の寺院とは一味違う雰囲気を味わえるだろう。

シンガポール旅行者の必読記事

(Photo by (WT-en) Jpatokal saeru)

人気記事

外貨両替窓口
singapore
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク