スポンサーリンク

シンガポールのアジア料理店人気ランキング

アジア料理

1894件

ピオニー・ジェイドの内観

1

ピオニー・ジェイド

クラーク・キーでモダンな中華を味わう

「ピオニー・ジェイド(Peony Jade)」は、クラーク・キーに2004年9月にオープンした中華レストラン。四川料理から広東料理等まで、伝統的な中華料理を現代的にアレンジした斬新なメニューが揃っている。ダンスクラブや西洋料理のレストランが多く軒を連ねるクラーク・キーで、おいしい中華を食べられる店はあまりなく、中華好きには重宝する。 川のすぐ側に位置し、シンガポールらしい美しい川の流れを眺めながらスタイリッシュな店内で味わう中華料理はまた格別。元々は「ゴッドダウン(Godown)」と呼ばれる倉庫をモダンに改装してオープンしており、店内のインテリアは高級感に溢れている。食品の品質にもこだわり抜き、外見にも内面にも徹底したサービスを心がけている。

シンガポールI'm Kim Korean BBQの料理

2

アイム・キム・コリアンバーベキュー

肉好き、K-pop好きもこぞって通う焼肉食べ放題店

アイム・キム・コリアンバーベキューは美味しく手頃な価格で食べ放題が楽しめると街で最も人気のあるレストラン。店内のテレビに流れるK-popの音楽映像と共に肉を食べながらK-popも楽しめるので、K-pop好きもこぞって通う。

シンガポールgorogoro-steamboat-korean-buffetの料理

3

ゴロゴロスティームボート&コリアンビュッフェ

お手頃感満載のビュッフェを楽しもう

ゴロゴロスティームボート&コリアンビュッフェは、「手頃な価格で美味しく料理を楽しんで欲しい」をコンセプトのもと高価なイメージがあるビュッフェレストランとは違い、誰でも気軽に楽しく食事を楽しめる空間を届けているレストラン。

スポンサーリンク

イーシー・スアン・ティーハウスのお茶1

4

イーシー・スアン・ティーハウス

中国茶でホッと一息!シンガポールでは珍しい茶藝館

シンガポールの南部に店を構える「イーシー・スアン・ティーハウス(宜興玄茶屋)」は、シンガポールでは珍しい茶藝館。茶藝館とは、中国茶を堪能できるいわば日本の喫茶店みたいなもので、台湾に数多くあり、昔から人々に親しまれてきた。 そんな「イーシー・スアン・ティーハウス(宜興玄茶屋)」では、いろいろな種類の中国茶を楽しむことができる。中国茶は、日本のお茶と比べるとやや苦みが強いが体に優しく、様々な治癒効果があるので、飲んだことのない人は是非試してほしい。 また、ワークショップも開催されており、中国文化や芸術からお茶の歴史や作り方、そしてお茶と健康の関係などを深く学ぶことができる。お土産にもぴったりなので、興味がある人もない人も一度足を運んでみてはいかがだろうか。

Rollie Olieの料理

ローリー・オーリー

オーダーメイドのユニークな新感覚巻き寿司を楽しむ

シンガポール内に3店舗も居を構える人気店「ローリー・オーリー」は、カリフォルニアスタイルと日本を代表する寿司や刺身などを融合させたなんともユニークなお店だ。お店の名前に入っている「ローリー」とは、すなわち「ローリング(rolling)」の意味で、日本語での「回転させる、転がす」という言葉に当たる。このことからも想像がつくように、この店のメインメニューは巻き寿司。オーダーメイドで作り上げる、ユニークな巻き寿司は、日本では味わうことのできない、海外ならではの一品。その他にも新鮮な魚を使用した丼物やサラダなど、まさに目でも舌でも楽しめる料理の数々に満足すること間違い無し。シンガポールに訪れた際は、是非足を運んでみよう。

no-image

Baan Thong Thai

no-image

Smile Thai BBQ

スポンサーリンク

no-image

K.Priyam Curry House

no-image

Yi Jia Yuen Curry Rice

no-image

Yong Heng Fried Prawn Noodle

スポンサーリンク

スポンサーリンク