スポンサーリンク

セントーサ島

特集

singapore

シンガポールの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

マレーシア半島の南に位置するシンガポールは、東南アジアの交通、金融及び貿易の中心と言える国だ。 国民は、中国系77%、マレー系14%、インド系8%、その他1%で成り立っており、公用語も多様である。 また、治安が良く、短期間で多くの観光スポットを見ることができるため、訪れる人も多い。 この記事では、シンガポールを一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Singapore food

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

Singapore plan

シンガポール旅行6泊7日の予算とモデルプラン

シンガポール旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シンガポールのシンボルであるマーライオン・パーク。マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園があるサンズ・スカイパーク。シンガポールが一望できる観覧車「シンガポール・フライヤー」など有名観光スポットを初め、ナイトサファリや動物園など、自然や生き物にも触れあえる魅力満載の国である。またグルメも、チキンライスやチリクラブなどのローカルフードが堪能できるのも魅力の一つである。

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ebizou-singapore

市川海老蔵が訪れたシンガポール観光スポット【シンガポール】

市川海老蔵さんがシンガポールで訪れた場所をご紹介。歌舞伎のシンガポール公演の合間での観光だったので、あまり多くのスポットは回っていませんが、「シンガポールの観光大使になりたい」と言うほどシンガポールが好きになったようです。 シンプルだけど、ゆっくりと時間をかけて回る大人の旅になっています。 市川海老蔵さんの旅を参考にシンガポールを満喫してみてはいかがでしょうか。

セントーサ島

11件

Universal Studios Singapore

1

ユニバーサル スタジオ シンガポール

7つの世界を攻略しよう

ユニバーサル スタジオ シンガポール(USS)は、日本でもおなじみのアミューズメントパーク・ユニバーサル スタジオのシンガポール版。2010年にオープンして以来、シンガポールを代表するアミューズメント施設となっている。アトラクション構成などは他のパークと同様だが、シンガポールならではのアジアンな雰囲気やユニークなこだわりが多く見られ、日本のユニバーサルスタジオとは異なる点も多い。シンガポール限定アトラクションもいくつかあるため、まずはそこから周るのが良いだろう。

Tiger Sky Tower

2

タイガー・スカイ・タワー

上下する展望台

セントーサ島内で一番高い建造物がタイガー・スカイ・タワーだ。 タワーの高さは海抜だと131メートルになり、50階建てのビルと同じ高さになる。 また、なんと展望台自体が上下に動く構造になっており、くるくると回転しながら上っていくため、展望台のどの位置に座っても360度眺めを楽しむことができる。

Images of Singapore

3

イメージ・オブ・シンガポール

シンガポールの歴史がわかる博物館

シンガポールの歴史や文化を展示してある蝋人形で紹介する博物館。 シンガポールの成り立ちを最初に短い映画で、その後蝋人形の展示で紹介してくれる。 人形がとてもリアルで写真では人形とは分からないほど。

スポンサーリンク

Fort Siloso

4

シロソ砦

シンガポール最古の要塞「シロソ砦」

シロソ砦は1880年にイギリス海軍がケッペル港を守るために建設したセントーサ島で一番古い軍用建造物であり、現存する唯一の沿岸要塞だ。 建築されてからも要塞砲などで強化されてゆき、第二次世界大戦中の日本軍のシンガポール攻略の際にはおおいに活躍したといわれている。

Skyline Luge Sentosa

スカイライン・リュージュ・セントーサ

スピードと高さを楽しむアトラクション「スカイライン・リュージュ・セントーサ」

高台から650メートルもの坂を小型のカートに乗って一気に駆け下りるスリル満点のアトラクション「スカイライン・リュージュ・セントーサ」は子供たちに大人気だ。 自分で運転もスピードもコントロールでき、親子で1台に乗ることもできるので安心だ。

Megazip Adventure Park

メガアドベンチャー

アスレチックや自然味わうアトラクション

セントーサ島にある話題のアトラクションパークが、「メガアドベンチャー」である。 体験型のアトラクションだけではなく、ロッククライミングなどのアスレチックなども楽しめる場所だ。 名称にもなっている「メガシップ」は体験型アトラクションのひとつで、山から海岸まで時速50キロで450メートルものワイヤーを下るものだ。

Siloso Beach

シロソ・ビーチ

気軽に砂浜散歩を楽しめる「シロソ・ビーチ」

セントーサ島にある3つのビーチのうちのひとつ。 セントーサ島にはシロソビーチの他、パラワンビーチ、タンジョンビーチがあり、各ビーチ間を無料のビーチトレインが運行しているので便利。

スポンサーリンク

Merlion Tower

セントーサ島のマーライオン

意外な絶景スポットがあるセントマーサ島

セントーサ島に着くとすぐ目に入ってくるのが大きなマーライオンだ。マーライオンはシンガポールのシンボル。真っ白いマーライオンが水を吐き出す姿を写真や映像で見たことがある人は多いだろう。だが、このセントーサ島のマーライオンは口から水を吐くことはない。しかし、高さ37メートルのマーライオンタワーを見学することが可能だ。晴れた日にはマーライオンの頭部からシンガポール島を一望することができる。

Underwater World and Dolphin Lagoon

アンダーウォーター・ワールド・アンド・ドルフィン・ラグーン

こじんまりとした水族館

セントーサ島中心部から少し離れたところにあるこじんまりとした水族館。 日本の水族館と比較しても遜色はないが、日本の水族館では見ることのできない深海魚が見られたり、ベルトコンベア式の長い水槽トンネルを歩く歩道で進んだり、穴の開いた水槽から魚にえさをあげることができるなど、大人も子どもも楽しめる水族館。

セントーサ・ネイチャー・ディスカバリー

気分はジャングルトレッキング

全長1.8キロの緑に囲まれた散策路を歩きながら、セントーサ島に生息する鳥や動物、昆虫について学ぶことができる。 スタート地点「ネイチャー・ディスカバリー・ギャラリー」では、セントーサ島内の自然に関する展示物をみることが可能で、そのまま進んでいくとジャングルを模した遊歩道につながっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク