スポンサーリンク

シンガポール北部・中部

特集

singapore

シンガポールの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

マレーシア半島の南に位置するシンガポールは、東南アジアの交通、金融及び貿易の中心と言える国だ。 国民は、中国系77%、マレー系14%、インド系8%、その他1%で成り立っており、公用語も多様である。 また、治安が良く、短期間で多くの観光スポットを見ることができるため、訪れる人も多い。 この記事では、シンガポールを一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Singapore food

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

Singapore plan

シンガポール旅行6泊7日の予算とモデルプラン

シンガポール旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シンガポールのシンボルであるマーライオン・パーク。マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園があるサンズ・スカイパーク。シンガポールが一望できる観覧車「シンガポール・フライヤー」など有名観光スポットを初め、ナイトサファリや動物園など、自然や生き物にも触れあえる魅力満載の国である。またグルメも、チキンライスやチリクラブなどのローカルフードが堪能できるのも魅力の一つである。

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ebizou-singapore

市川海老蔵が訪れたシンガポール観光スポット【シンガポール】

市川海老蔵さんがシンガポールで訪れた場所をご紹介。歌舞伎のシンガポール公演の合間での観光だったので、あまり多くのスポットは回っていませんが、「シンガポールの観光大使になりたい」と言うほどシンガポールが好きになったようです。 シンプルだけど、ゆっくりと時間をかけて回る大人の旅になっています。 市川海老蔵さんの旅を参考にシンガポールを満喫してみてはいかがでしょうか。

シンガポール北部・中部

7件

Singapore Zoo

1

シンガポール動物園

世界一美しいと言われる動物園

シンガポール動物園の特徴は、檻や柵を使わずに水路や植物、崖等を利用して動物達の生息エリアを分けていることだろう。動物達がより野生に近い環境で自由に暮らすことができるシンガポール動物園は、世界一美しい動物園との呼び声も高い。訪れる見学者は動物たちの解放感、いやその存在感に森へ迷い込んだような錯覚に陥る。1日中遊んでいられるスポットだが、園内をざっくり回るのであれば所要時間は3-4時間程見ておこう。 ここでは霊長類の研究にも開業時から力を注いでおり、ここで飼育されているオランウータンの群れは世界でも最大級の群れである。開かれた飼育環境をコンセプトとした動物園として、今も世界の動物園からの見学モデル動物園にもなっている。 また、徒歩約10分の所には夜にのみ開園する珍しい動物園、ナイトサファリが隣接している。シンガポール動物園を堪能した後は、ナイトサファリに移動してトラムに乗り込み、夜の動物達の姿を観察するのも楽しい。同じく隣接しているリバーサファリでは、人工の川をボートで下りながら動物や鳥を観察できる。

The Night Safari

2

ナイトサファリ

ナイトスポットとしても魅力満載、大人も楽しめる大自然

シンガポールのナイトサファリは、世界一美しい動物園とも呼ばれている壮大なスケールのシンガポール動物園において、夜間に営業される。 このナイトサファリでは、トラムと呼ばれる乗り物に乗ってガイドの解説を聞きながら動物たちの生態を観察できる。

Kranji War Memorial

3

クランジ戦没者慰霊碑

静かな戦没者慰霊碑

第二次世界大戦で亡くなった戦没者の慰霊碑。 この記念碑は、第二次世界大戦時に自由のために戦い、亡くなった、イギリス、オーストラリア、カナダ、スリランカ、インド、マラヤ、オランダそしてニュージーランドの男女への敬意を表している。 墓地の他にも戦争で亡くなりまだ遺体が見つかっていない兵士の名前が刻まれているメモリアルウォールも見ることができる。

スポンサーリンク

Sungei Buloh Wetland Reserve

スンゲイ・ブロウ自然公園

シンガポールの中の大自然

シンガポールにこんな大自然が残っていることに驚かされる広大な鳥の楽園である。 およそ87ヘクタールに及ぶこの湿地帯では、多種多様な動物、鳥、植物などを観察することができるシンガポール最北部にあるマングローブ林を中心とする指定湿地帯自然保護区となる。

Bukit Timah Nature Reserve

ブギ・ティマ自然保護区

シンガポールで原始の熱帯雨林を訪れる

中心部CITYエリアからも車で20分ほどで到着するブキ・ティマ自然保護区は、狭い国土を徹底的に開発したシンガポールにおいて、唯一手付かずの熱帯雨林特有の自然がそのまま残されている。

The Japanese Cemetery Park

日本人墓地公園

海外に眠る日本人

日本人墓地公園は、1891年に建てられた、シンガポールで亡くなった日本人故人を祭った墓地である。 シンガポールで没した、江戸時代の船乗りで愛知県出身の山本音吉氏の遺灰が納められている。 山本氏は日本人として初めてイギリスに上陸し、イギリスに帰化するなど、彼の人生は壮絶なものだったが、多くの功績も残している。

no-image

ロティプラタハウス

地元の人々に愛されるロティプラタ専門店

様々な種類のロティプラタを食べることができるお店。ついてくるカレーソースもB級グルメらしい味わいで美味。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク