スポンサーリンク

リトル・インディア

特集

singapore

シンガポールの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

マレーシア半島の南に位置するシンガポールは、東南アジアの交通、金融及び貿易の中心と言える国だ。 国民は、中国系77%、マレー系14%、インド系8%、その他1%で成り立っており、公用語も多様である。 また、治安が良く、短期間で多くの観光スポットを見ることができるため、訪れる人も多い。 この記事では、シンガポールを一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Singapore food

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

Singapore plan

シンガポール旅行6泊7日の予算とモデルプラン

シンガポール旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シンガポールのシンボルであるマーライオン・パーク。マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園があるサンズ・スカイパーク。シンガポールが一望できる観覧車「シンガポール・フライヤー」など有名観光スポットを初め、ナイトサファリや動物園など、自然や生き物にも触れあえる魅力満載の国である。またグルメも、チキンライスやチリクラブなどのローカルフードが堪能できるのも魅力の一つである。

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ebizou-singapore

市川海老蔵が訪れたシンガポール観光スポット【シンガポール】

市川海老蔵さんがシンガポールで訪れた場所をご紹介。歌舞伎のシンガポール公演の合間での観光だったので、あまり多くのスポットは回っていませんが、「シンガポールの観光大使になりたい」と言うほどシンガポールが好きになったようです。 シンプルだけど、ゆっくりと時間をかけて回る大人の旅になっています。 市川海老蔵さんの旅を参考にシンガポールを満喫してみてはいかがでしょうか。

リトル・インディア

10件

1

テッカ・センター

リトルインディアの集合場所、テッカセンター

テッカセンターはリトルインディアの入り口に位置するショッピングセンターだ。 1階はホーカーズと呼ばれる形式のフードコートになっており、主にビリヤニなどの南インドの料理が楽しめる。

Sri Veeramakaliamman Temple

2

スリ・ヴィラマカリアマン寺院

リトル・インディア一のヒンズー教寺院「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」

リトル・インディアの中で最も規模が大きく有名なヒンドゥ教寺院「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」の守護神は殺戮と破壊を象徴する女神「カーリー」だ。 全身黒色で生首をつないだ首飾りをつけ、切り取った手足で腰を飾った姿は、インド人の「破壊の先にこそ創造がある」という思想に裏打ちされている。

Little India

3

リトル・インディア・アーケード

二つの駅から広がる異文化の町

シンガポールが英国領であったころのインド人居住区がこの町の始まりだ。 インド人たちの文化で賑わうストリートはもちろん音楽からファッションまですべてがインド一色。 民芸品も売られており、お土産物を探すにも楽しいエリアだ。

スポンサーリンク

4

スリ・スリニバサ・ペルマル寺院

シンガポール有数の格式高いヒンズー教寺院「スリ・スリニバサ・ペルマル寺院」

1855年に建てられたシンガポールの重要記念建築物に指定されている由緒あるヒンズー教寺院で、現在の建物は1966年に建立された。 ゆったりと広い敷地の中でインドの神々の織りなす華麗な世界に触れることができる。 ヒンドゥー教の3最高神の1人、10の化身を持つビシュヌ神の彫刻が見どころ。

Sri Vadapathira Kaliamman Temple

スリ・バダパティラ・カリアマン寺院

色鮮やかなヒンズー教寺院「スリ・バダパティラ・カリアマン寺院」

1830年に完成したリトル・インディアのシンボルでもある歴史あるヒンドゥー教寺院で、守護神として女神カーリーが祀られている。 改造を重ね1935年に現在の姿に落ち着いた。

テンプルオブサウザンドライツ

千燈寺院

シンガポール最大の仏像

千燈寺院は、1927年にタイの僧侶が建設したシンガポールの仏教寺院である。 この寺院は、シンガポールで有名な寺院の一つであり、地元の人も訪問している。 リトルインディアからほど近いこの寺院は、鮮やかな黄色の装飾が目を引く。 黄色のトラのオブジェや、お釈迦様が特徴で、中国や日本の仏教とはまた違った印象を受ける。

Leong San See

龍山寺

シンガポールを代表する道教の寺院

龍山寺は、シンガポールを代表する道教の寺院である。 道教は、中国三大宗教(仏教、儒教、道教)の一つである。 道教の寺院は、仏教の寺院とは、色使いが違うのが特徴である。

スポンサーリンク

シンガポールI'm Kim Korean BBQの料理

アイム・キム・コリアンバーベキュー

肉好き、K-pop好きもこぞって通う焼肉食べ放題店

アイム・キム・コリアンバーベキューは美味しく手頃な価格で食べ放題が楽しめると街で最も人気のあるレストラン。店内のテレビに流れるK-popの音楽映像と共に肉を食べながらK-popも楽しめるので、K-pop好きもこぞって通う。

シンガポールgorogoro-steamboat-korean-buffetの料理

ゴロゴロスティームボート&コリアンビュッフェ

お手頃感満載のビュッフェを楽しもう

ゴロゴロスティームボート&コリアンビュッフェは、「手頃な価格で美味しく料理を楽しんで欲しい」をコンセプトのもと高価なイメージがあるビュッフェレストランとは違い、誰でも気軽に楽しく食事を楽しめる空間を届けているレストラン。

no-image

ニュートン・フードセンター

シンガポール料理が揃うフードセンター

様々な料理店が出店しており、いろいろなシンガポール料理をまとめて食べることができる。値段もリーズナブル。ひとまずここで色々なシンガポール料理をためしてみるのもいいかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク