スポンサーリンク

クラーク・キー周辺

特集

singapore

シンガポールの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

マレーシア半島の南に位置するシンガポールは、東南アジアの交通、金融及び貿易の中心と言える国だ。 国民は、中国系77%、マレー系14%、インド系8%、その他1%で成り立っており、公用語も多様である。 また、治安が良く、短期間で多くの観光スポットを見ることができるため、訪れる人も多い。 この記事では、シンガポールを一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Singapore food

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

Singapore plan

シンガポール旅行6泊7日の予算とモデルプラン

シンガポール旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シンガポールのシンボルであるマーライオン・パーク。マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園があるサンズ・スカイパーク。シンガポールが一望できる観覧車「シンガポール・フライヤー」など有名観光スポットを初め、ナイトサファリや動物園など、自然や生き物にも触れあえる魅力満載の国である。またグルメも、チキンライスやチリクラブなどのローカルフードが堪能できるのも魅力の一つである。

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ebizou-singapore

市川海老蔵が訪れたシンガポール観光スポット【シンガポール】

市川海老蔵さんがシンガポールで訪れた場所をご紹介。歌舞伎のシンガポール公演の合間での観光だったので、あまり多くのスポットは回っていませんが、「シンガポールの観光大使になりたい」と言うほどシンガポールが好きになったようです。 シンプルだけど、ゆっくりと時間をかけて回る大人の旅になっています。 市川海老蔵さんの旅を参考にシンガポールを満喫してみてはいかがでしょうか。

クラーク・キー周辺

12件

Clarke Quay

1

クラーク・キー

シンガポールらしさを満喫できるエリア

クラーク・キーは、様々なエンターテイメントとショッピングエリアを合わせ持つシンガポールきっての複合施設。静かな昼の姿とはうって変わって、夜はまるで異空間のようにエリア一帯が多くの人で賑わう。涼しい夜間は散策するだけでも楽しめるだろう。華やかな夜のイルミネーションにも要注目。クラーク・キーは5つのブロックに分けられており、中心部に噴水がシンボルの中央広場がある。 また、リバークルーズで川の船旅を楽しみつつ、川からクラークキーを眺めるのもお勧めだ。夜間は美しい夜景を楽しむことができるし、昼間の静かなリバークルーズも夜の姿とはまた違った姿を見せてくれる事で人気だ。時間に余裕があるのならちょっとした船旅を楽しんでみるのも良いだろう。

Robertson Quay

2

ロバートソンキー

シンガポールの魅力を凝縮した穴場スポット

ロバートソン・キーは、シンガポール川に面した埠頭(キー)である。シンガポールには、3つの有名な埠頭がある。その中で、最も大きい埠頭がロバートソン・キーである。元々は、外国人や現地の方達が居住していたり、倉庫が立ち並ぶ場所だったが、シンガポールの発展と共に、進化を遂げてきた場所である。

G-MAX Reverse Bungy

3

ジーマックス・リバース・バンジー

逆バンジー・ジャンプ

ジーマックス・リバース・バンジーは、クラーク・キーにあるアトラクション。 逆バンジーを楽しむことができる。 普通のバンジージャンプとは異なり、上から落ちるのではなく、時速200キロメートルのスピードで地上60メートルの高さに放り投げられる。

スポンサーリンク

Liang Court Shopping Centre

4

リャン・コート ショッピングセンター

現地邦人で知らない人はいないショッピングセンター

シンガポールにはリトルインディア、チャイナタウン、アラブストリートなど様々なエスニック地区があるが、シンガポールのリトルジャパンと言えばここリャン・コート ショッピングセンターだ。

ピオニー・ジェイドの内観

ピオニー・ジェイド

クラーク・キーでモダンな中華を味わう

「ピオニー・ジェイド(Peony Jade)」は、クラーク・キーに2004年9月にオープンした中華レストラン。四川料理から広東料理等まで、伝統的な中華料理を現代的にアレンジした斬新なメニューが揃っている。ダンスクラブや西洋料理のレストランが多く軒を連ねるクラーク・キーで、おいしい中華を食べられる店はあまりなく、中華好きには重宝する。 川のすぐ側に位置し、シンガポールらしい美しい川の流れを眺めながらスタイリッシュな店内で味わう中華料理はまた格別。元々は「ゴッドダウン(Godown)」と呼ばれる倉庫をモダンに改装してオープンしており、店内のインテリアは高級感に溢れている。食品の品質にもこだわり抜き、外見にも内面にも徹底したサービスを心がけている。

キーサイド・シーフードの外観

キーサイド・シーフード

新鮮そのものの魚介をクラーク・キーで堪能

「キーサイド・シーフード(Quayside Seafood)」は、クラーク・キーの中でも特に有名なレストランの一つ。一流のシェフが腕によりをかけて作る新鮮な海鮮料理は絶品だ。魚介はまだ生きて動いているような新鮮そのものを調理しており、見るのも食べるのもひとつのエンターテインメントのよう。川沿いでクラーク・キーの景色を眺めるのもまた格別だ。 扱う魚介は様々で、ホタテやカキ、エビ、そして蟹料理も有名だ。シェフの特別ソースで合えたジャンボエビのフライやロブスターの刺身、色鮮やかで香ばしいチリクラブ等、気になるものは沢山。シーフード以外にもレモンチキン等のメニューもある。シンガポールで優雅なディナーを満喫しよう。

シェフ・アイコン・ネイチャー・ベーカリーのクロワッサン

シェフ・アイコン・ネイチャー・ベーカリー

優しい味のする自然派ベーカリー

「シェフ・アイコン・ネイチャー・ベーカリー(Chef Icon Nature Bakery)」は、天然の素材を使用して作ったパンやデザートが味わえるベーカリーだ。オープンは2008年で、人工的ではない「自然の味」を提供する為に食材はもちろん、調理の行程にもこだわって作られている。 クロワッサン等の一般的なパンはもちろん、ハンバーガーやサンドイッチ、ケーキなどバラエティーは様々。素材と配合にこだわっているからこそ、シンプルながらも奥深い味わいのある一品が揃う。

スポンサーリンク

シンガポールLee Tai Fuの店内

リー・タイ・フー

世界の料理、ビールを体験しよう

リー・タイ・フーは豊富な食べ物とビールメニューを提供し、若者からお年寄りまで愛されるお店。店主がコレクションしたインテリアが良い雰囲気を作り出している。家族、友達、恋人など誰でも楽しい時間を過ごすことが出来る。 お勧めは、ピザ。クリスピーのサクサクした生地とチーズの相性がとても良い。家庭で出されていたピザのレシピをアレンジし作られたもので今では多くのゲストに人気がある一品になっている。メニューも多種多様でアジア料理から西洋、メキシコまで提供しており、必ず自分が食べたい料理に出会えること間違いない。また各国のクラフトビールを多く用意しており、食事も楽しみながら多種多様なビールを飲むことが出来る。

ディストリクト10・バー・アンド・レストランの料理

ディストリクト10・バー・アンド・レストラン

カジュアルな店内でおいしいイタリア料理を

「ディストリクト10・バー・アンド・レストラン(District 10 Bar and Restaurant)」は、シンガポール内に複数の店舗を構える「District 10」系列店のひとつで、のびのびとくつろげるカジュアルな雰囲気のイタリアンレストランだ。本場の味を再現した素朴なヨーロッパ料理やビールを始め、市民の胃袋を満たす多彩なメニューを取り揃えている。 シェフは北イタリア料理を専門で、厳選した素材のみを使用したシンプルながらも奥深い味わいが特徴。彩りも豊かでユニークな料理の数々は食べた人を元気にしてくれるだろう。クラーク・キーからのアクセスが良いのも嬉しい。

バーガー・ジョイント・ニューヨークの店内

バーガー・ジョイント・ニューヨーク

ジューシーなアンガス牛で作る絶品ハンバーガーを体験

世界各国に店舗展開している「バーガー・ジョイント・ニューヨーク」。そんな大人気ハンバーガーショップのシンガポール店で、クラーク・キー近く、シンガポールの中心街に店を構えている。 人気の秘訣はその美味しさとい徹底した品質管理。毎週アメリカの中西部にあるネブラスカ州から新鮮なアンガス牛をオーダーし、新鮮さを保証するために1日2回処理を行う。それによって、美味しさとフレッシュさが詰まった最高のハンバーガーが出来上がるのである。 サイドメニューも充実しており、ハンバーガーに欠かせないフライドポテトやミルクシェイクも大人気。アルコール類も数多く取り揃えられているので、ビールやウイスキーとともに絶品ハンバーガーにかぶりつこう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク