スポンサーリンク

エルミタ&マラテ地区×観光

このカテゴリーをマニラ全域で見る

特集

コルディリェーラの棚田群

フィリピンの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。フィリピンには全部で6つの世界遺産が登録されている。 フィリピンの観光スポットといえば、どうしてもマニラやセブを連想してしまいがちだが、それ以外の場所にも世界遺産登録された、古都や教会、美しい海があるのだ。 時間があれば、是非ともフィリピンの世界遺産にも足を運んでみたいところだ。

manila

【フィリピン】マニラのお勧め定番観光スポット10選

初めてマニラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

エルミタ&マラテ地区×観光

5件

Malate Church

1

マラテ教会

マニラの母親たたちを見守る聖母マリア

1762年のイギリスとスペインのマニラを巡る攻防では、イギリス軍の本拠地となった教会。 スペインに受け継がれるイスラム様式とバロック建築の影響を受け設計された教会のファサード(表玄関)は、実に荘厳で、マニラの敬虔なキリスト教徒たちの信仰の対象になっている。

Metropolitan Museum of Manila

2

メトロポリタン美術館

フィリピンのアートシーンの最先端を知るならここ

ここ最近のアートシーンで注目されているフィリピンの若きアーティストの作品をチェックするならここ「メトロポリタン美術館」だ。フィリピン中央銀行(BSP)管轄のメトロポリタン美術館財団によって運営されており、現在の中央銀行に隣接している旧本館ビルの中にある。

Museo Pambata

3

子供博物館

子供のための多目的施設

フィリピンの親たちや学校の先生が子供に自国フィリピンの伝統芸能や歴史・文化を教えられるように、とのコンセプトで作られた博物館が、米国大使館の隣にある。

スポンサーリンク

4

中央銀行貨幣博物館

貝殻がお金だった?マニラのお金の歴史を知るならここ

フィリピンで最初に使われた通貨の貝殻から世界各国のコイン、フィリピン国内で発行されたコイン、紙幣まで様々な通貨が展示されている。 特に中国の銅銭、占領時の通貨であるスペイン、アメリカ植民地時代のペソ札や日本統治時代の軍票などの史料は、植民地時代の歴史を感じられ興味深い。

Paco Park

パコ公園

知られざる歴史を持つパコ公園

1966年にマニラ市民のための公園として生まれ変わったバコ公園は、もとは有名な墓地だったということはあまり知られていない。 マニラでは1820年にコレラが大流行し、亡くなった人々の遺体はこのパコ公園の場所に埋葬された。

スポンサーリンク

スポンサーリンク