スポンサーリンク

マニラのミュージアム・美術館人気ランキング

ミュージアム

47件

Ayala Museum

1

アヤラ博物館

ハイクオリティのジオラマ展示に引き込まれる

マニラの一等地マカティの大人気ショッピングセンター「グリーンベルト1」の入り口にあるという絶好のロケーションを誇る博物館。 マカティ市発展に大いに寄与したアヤラ財閥がスポンサーになっているだけあって非常に充実したコレクションの完成度の高い内容になっている。

Philippine Air Force Museum

2

フィリピン空軍博物館

小野田寛郎元少尉の手紙が展示されている

LCC(格安航空会社)のセブパシフィック航空の全便が発着する最新のターミナルビル「第三ターミナル」のすぐ近くにフィリピン空軍博物館がある。 フィリピン空軍の展示物や、フィリピン空軍によって実際に使われていた空軍機の展示が見どころだ。

National Museum of Philippine

3

フィリピン国立博物館

英雄ホセ・リサールの作品もみられる

リサール公園内にあるフィリピン最大の博物館。 先史以前の考古学的な出土品から、フィリピン固有種を含む動植物などの自然学的展示、古典から現代アートまでの様々な分野の美術品など、フィリピンの文化の歩みを知ることができる。

スポンサーリンク

GSIS Museum

4

GSIS美術館

無料とは思えない充実の美術館

1996年4月に設立されたGSIS美術館はGSIS(Government Service Insurance System)の敷地の中にあるが、「Hobbies of Asia」の裏手と覚えたほうがわかりやすい。 フィリピンの政府系保険サービスに、抵当や担保としておさめられた美術品や骨とう品の数々を展示しており、その入手ルートの性格上からか無料で開放されている。

UST Museum of Arts and Scineces

UST美術館科学博物館

フィリピン最古の大学美術館

UST美術科学博物館は、自然博物学の教授ラモンマルティネスによって、1871年に設立されたフィリピン最古の大学である。 大学の中心の建物は、1928年に建設された。

UP Vargas Museum

バルガス美術館

大学構内にある歴史ある美術館

バルガス美術館は、フィリピン大学の構内にある美術館兼コミュニティスペースである。 美術館の名前の由来にもなっているバルガス氏が、フィリピン大学へ美術品のコレクションを寄付したことに始まる。

Casa Manila

カーサ・マニラ博物館

植民地時代のスペイン人の豪奢な生活に触れる

スペイン植民地時代当時のスペイン人の邸宅を復元した建物。 3フロアにわたる広々とした部屋に豪華な調度品が美しくしつらえられたインテリアに女性のみならず男性の観光客も引き込まれる。

スポンサーリンク

マカティ博物館

Manila有数の高級エリアの博物館

マカティ市の中心から少し離れた所にある小さな博物館。 フィリピン、マニラの中でも治安の良さに定評があるマカティ地区は、高層ビルが立ち並ぶビジネス街で副都心的な役割果たしている。

Marikina Shoe Museum

マリキナ靴博物館

美しい公園に隣接する靴の博物館

マリキナ市は、フィリピンで靴の生産地として有名な地域である。 有名になった理由としては、フィリピンで20年間に渡り独裁政治を行ってきたフェルディナンド・マルコスの妻であるイメルダ・マルコスの影響が強かったと言われている。

Metropolitan Museum of Manila

メトロポリタン美術館

フィリピンのアートシーンの最先端を知るならここ

ここ最近のアートシーンで注目されているフィリピンの若きアーティストの作品をチェックするならここ「メトロポリタン美術館」だ。フィリピン中央銀行(BSP)管轄のメトロポリタン美術館財団によって運営されており、現在の中央銀行に隣接している旧本館ビルの中にある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク