スポンサーリンク

フィリピンのWi-Fi、インターネットアクセス、SIMカード解説

フィリピンのWi-Fi、インターネットアクセス、SIMカード解説

2016/08/04 更新

フィリピンのインターネット
  • データガイド

旅行の際の気になることと言えば、観光名所やグルメ、治安のほか、旅先でのインターネット接続だろう。この記事では、フィリピンに旅行した際のインターネットの接続方法や料金、注意事項などをまとめて解説する。

全般的な注意事項

フィリピンの季節はおおまかに雨季と乾季に分かれるが、6月から10月までの雨期では、雨のせいでインターネット接続が不安定になることが頻繁にある。
また、年に3回ほど大型の台風・洪水が発生し、停電が発生することも。特に9月と10月は台風が発生しやすいので注意する。
旅行に行くなら、11月から5月の乾季がオススメだ。
また、高級ホテルなどでは、日本並の快適なインターネットが利用できるが、そのような一部の場所を除いて、全体的にインターネット速度は速くないので、あまり期待しないほうが良い。


スポンサーリンク

①無料Wi-Fiの提供スポット

マニラなどの都心部であれば、大型のショッピングモールや、スターバックスのようなカフェなどでインターネットが利用できる場所も多い。
Wi-Fiについては、有料の店舗と無料の店舗の両方があるので、利用前に要確認だ。
また、3つ星以上のホテルなら基本的に無料Wi-Fiが備わっているので、積極的に利用したい。
パスワードについては、基本的にはスタッフに聞くことになる。「Can I have the Wi-Fi password?」と言えば、教えてくれるだろう。

  • グリーンベルト

    "Greenbelt Shopping Mall(グリーンベルトショッピングモール)

    マカティ市内の大型ショッピングモール「グリーンベルトモール」では、無料Wi-Fiが利用できる。
    スピードはそこそこ。カフェやレストランもあるので、休憩してみても良いだろう。
    詳細については、こちらの記事を参照してほしい。

    ■住所:Greenbelt Paseo De Roxas, Ayala Center, Makati City

  • The Coffee Bean & Tea Leaf

    "The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)

    コーヒーチェーン「The Coffee Bean & Tea Leaf」。
    店舗数も多く、ほとんどの店でWi-Fiが利用できる。
  • Shangri-La Makati

    "Shangri-La Makati(シャングリラホテル マカティ)

    マカティ市内の5つ星ホテル。
    宿泊客でなくても、ホテルのロビーで無料高速Wi-Fiが利用できる。

    ■住所:Ayala Avenue corner,Makati Avenue,Makati City 1200,Metro Manila

  • ②ポータブルWi-Fi徹底解説

    ポータブルWi-Fi

    ビジネスなど、海外出張の際に候補となるのが、ポータブルWi-Fiだ。
    ポータブルWi-Fiのメリットは何と言っても場所を選ばずに使用できる点。
    日本の主な携帯キャリアでも、1500円/1日程度で、海外でも携帯電話が使えるようになるプランがあるが、ポータブルWi-Fiを契約したほうが安く済むだろう。

    料金や利用方法について

    料金は会社によって異なるが、フィリピンであれば、300円/1日程度で利用できるようになっている。
    有名ドコロは、「グローバルWiFi」、「グローバルデータ」、「テレコムスクエア」、「ユーロデータ basic」などだ。
    日本の主な国際空港で、端末の受取と返却ができるので、自分が利用する予定の空港で契約するのが良いだろう。

    注意事項

    利用には前もって予約しておくことが必須。
    当日契約もできなくはないが、在庫がないなど、トラブルに見舞われかねないので極力避けたほうが無難だろう。

    ③現地のプリペイド携帯やSIM

    スポンサーリンク

    プリペイドSIMカード

    プリペイドSIMカード

    フィリピンでは、プリペイドタイプのSIMカードが普及しており、携帯キャリアと契約しなくでも気軽に使用できるのが魅力的。
    また、チャージした金額分のみ使用出来るので、無駄がなく、使いすぎも防ぐことができる。
    フィリピンで有名なキャリアは、「Smart」と「Glove」。
    プリペイドSIMカードは1枚100ペソ(約270円)から購入でき、コンビニなどでも販売されている。
    詳細は、現地の店員さんに聞く必要があるので、ハードルは若干高めだが、自分の携帯端末がSIMフリーモデルなら検討してみても良いだろう。

    ポータブルWi-Fi端末

    大型のショッピングモールなどでポータブルWi-Fi端末の購入が可能だ。
    価格はおよそ5000ペソ(1万4000円)と若干値は貼るが、何よりのメリットは端末がシムフリーであること。
    海外に頻繁に行く人なら、このようなシムフリー端末を購入して、別の渡航先に行った際にその国のSIMを入れて使用するといったこともできる。

    プリペイド携帯

    現地の友人と連絡するといった場合には、電話とSMS専用の安価な携帯電話を購入してみても良いだろう。
    安いもので、だいたい2000円ほどで購入できる。
    SIMフリーモデルのスマートフォン等を購入して、日本に戻ってきてからそのまま使用してみてもいいかもしれない。

    ④インターネットカフェ

    インターネットカフェ

    プリンターやスキャナを使用したい場合、インターネットカフェを利用することも可能だ。
    金額はだいたい1時間15ペソから30ペソほど。

    利用方法

    入店したらスタッフに声をかけよう

    利用時間を尋ねられるか、何も聞かずに座席番号を教えてくれる。

    指定された座席に座る

    パソコンのモニターに残り時間が表示される。
    インターネットの他、プリンターやスキャナーも利用できる。

    【利用料金の目安】
    プリンター : P10(約27円)から
    スキャナー : P20(約50円)から

    利用を終了、または延長したい

    利用を終了する場合は、終了時間前に席を立ち、スタッフに料金を支払おう。
    逆に延長したい場合は、「I would like to extend XX more hours」と伝えれば良い。

    注意事項

    インターネットカフェを利用する際は下記のようなことに注意して利用したい。

    ・利用後はブラウザやSNSのアカウントはログアウトする
    ・アカウントやパスワードをブラウザに記憶させない
    ・インターネットカフェの端末でクレジットカードを使用しない



    (Photo byRamon FVelasquez, Terence Ong, Gert Mewes, Str4nd, Self)

    スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ