スポンサーリンク

マニラのアクセス・交通情報

特集

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

5件

Ninoy Aquino International Airport

1

マニラのニノイ・アキノ国際空港と市内へのアクセス

ニノイ・アキノ国際空港は、マニラの中心から南におよそ7キロメートルのところに位置する空港で、マカティ(Makati)市の南西にあたる。 日本とは羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港との間で直行便を就航している。 以前はマニラ国際空港(Manila International Airport)と呼ばれていたが、フィリピンの政治家で1983年に亡命先のアメリカ合衆国から帰国した際に空港内で暗殺された“ニノイ”ベニグノ・アキノ・ジュニア(Benigno “Ninoy” Aquino, Jr.)にちなんで、ニノイ・アキノ国際空港と名づけられた。長年「世界最悪の空港」に選ばれ続け、空港職員が銃弾をバッグに入れて旅行客を陥れる事件が多発する等の事件が相次ぐ悪評高い空港であったが、現在は新しい大統領の元、治安の改善化が進んでいる。 国際線専用のターミナル1(改装中)、フィリピン航空専用のターミナル2(別名はセンテニアルターミナル)、2008年に新たにオープンしたターミナル3、フィリピンの格安航空会社が国内線用に利用しているターミナル4の4つがある。各ターミナル間は無料のシャトルバスで移動が可能だ。

2

マニラのタクシー

フィリピン・マニラのタクシーは、基本的にメーター制である。 タクシーにまつわるトラブルについて知っておきたい。 外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データによると、空港からタクシーに乗車した際、運転手、もしくは途中から乗車してくる運転手の仲間から恐喝されるといった「タクシー強盗」が多発している。 時間帯に関わらず、単独でのタクシー利用はできるだけひかえたい。

manila tuktuk

3

マニラのトゥクトゥク

フィリピン・マニラのトゥクトゥクは、トライシクルと呼ばれている。 料金的にはタクシーとさほど変わらないものの、簡単につかまることから人気がある。 メーターのようなものはなく、料金はドライバーとの交渉になる。乗車人数や行き先までの距離などで料金が上下する。 フィリピン政府観光省のサイトによると、料金は一人最低₱5からだが、一人で乗る場合には空いている座席分の料金も負担するため、₱20-30からになると説明がある。ただし実勢はもう少し高そうな雰囲気である。

スポンサーリンク

manila bus

4

マニラのバス

マニラのバスは、フィリピン全土を網羅する交通手段として、地元の人々に利用されている。 料金も安く、駅周辺にバス停があるため、観光客にとっても利用するには便利である。 また、マニラ市内から郊外への移動にもバスは便利だ。 マニラのバスには、マニラ市内を走行する短距離バスと、マニラ郊外を走行する長距離バスがある。 マニラのバスは、いろいろなバス会社が運営しているが、短距離バスも長距離バスも乗り方は基本的に同じである。

Philippines railway

フィリピンの鉄道

フィリピンの鉄道は地元の人々にとっては欠かせない交通手段であるが、路線図がない路線も多く、観光客にとっては分かり辛い。利用する際は事前に調べておく必要があるだろう。 ■国鉄 フィリピンにはフィリピン国鉄が運営する南方線があり、トゥトゥバン-レガスピ間を走行している(北方線は運休中)。 ・メトロコミューター(コメックス) 首都マニラ近郊を走っている通勤列車。トゥトゥバン-アラバン間を走行しており、30分-1時間間隔で走行している。 ・ビコール・エクスプレス マニラ-ナガ間を結ぶ夜行列車。1日1便運行している。 ・ピコール・コミューター ビコール地方を走る通勤列車。

スポンサーリンク

スポンサーリンク