特集

kualalumpur

【マレーシア】クアラルンプールのお勧め定番観光スポット10選

初めてクアラルンプールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

KLCC周辺×観光

6件

Petronas Twin Tower

1

ペトロナス・ツイン・タワー

クアラルンプールのランドマーク

クアラルンプールの超高層ビルで、マレーシアのランドマークとなっているのがペトロナス・ツイン・タワー。ペトロナスという国立石油会社によって建設され、ショッピングセンターや水族館が入っている人気の観光スポットだ。ツインタワーの大きな見所は、スリアKLCCとスカイブリッジである。 地上88階建ての超高層ビルのほとんどにオフィス関係の施設が入り、関係者以外立ち入り禁止となっている。タワー2には世界的な企業も入っており、マイクロソフトやアルジャジーラ等のオフィスもある。

KL Tower

2

KLタワー

高さを誇る通信塔

東南アジアで最も高い通信塔で知られているのが、「KLタワー」だ。 国内のペトロナスツインタワーより少し低い421メートルの高さだが、丘の上に建てられているので周辺では一番高く見える。

Merdeka Square

3

ムルデカ・スクエア

マレーシア独立が掲げられた歴史的重要な広場

かつては植民地マレーシアの中心地だったのが、「ムルデカ・スクエア」だ。 ムルデカは独立を意味する言葉。 1957年にマレーシアを支配していた英国国旗が下ろされ、初めてマレーシア国旗が掲げられた歴史的な広場で、毎年独立記念日のイベントが開催されている。

スポンサーリンク

KL City Park

4

KLCC公園

大都会のオアシススポット

ペトロナスツインタワーの麓に広がる緑と水の公園が「KLCC公園」である。 タワーから見下ろしても良し、公園内を散歩するのも良しのいろんな楽しみ方がある公園だ。

PETROSAINS

ペトロサイエンス

マレーシアの科学テーマパーク

クアラルンプールの名所のひとつペトロナス・ツインタワーにあるのが、「ペトロサイエンス」である。 最新の科学技術や、石油採掘、恐竜と古代のコーナーもある体験型博物館だ。

National Visual Arts Gallery Malaysia

国立美術館

マレーシア国内有数の美術館

マレーシア国内のアーティストから、海外のアーティスト作品が展示されているのが「国立美術館」である。 1958年に始まった美術館は、2013年には55周年を迎え、独立後からずっと芸術作品を発信してきた歴史がある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク