クアラルンプールの公園・広場人気ランキング

広場・公園・通り

38件

Merdeka Square

1

ムルデカ・スクエア

マレーシア独立が掲げられた歴史的重要な広場

かつては植民地マレーシアの中心地だったのが、「ムルデカ・スクエア」だ。 ムルデカは独立を意味する言葉。 1957年にマレーシアを支配していた英国国旗が下ろされ、初めてマレーシア国旗が掲げられた歴史的な広場で、毎年独立記念日のイベントが開催されている。

KL City Park

2

KLCC公園

大都会のオアシススポット

ペトロナスツインタワーの麓に広がる緑と水の公園が「KLCC公園」である。 タワーから見下ろしても良し、公園内を散歩するのも良しのいろんな楽しみ方がある公園だ。

Alor street

3

アロー通り

グルメがたくさん屋台街

クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタンの中でも、特に賑わっているのが「アロー通り」である。 200メートル以上の通りには、屋台や飲食店がずらりと立ち並ぶ屋台街だ。 中華系料理から、伝統マレー料理まで味わうことができるのが特徴。

スポンサーリンク

Hibiscus Garden

4

ハイビスカス・ガーデン

500種類のハイビスカスが咲き乱れる公園

クアラルンプールの名所レイクガーデン内にあるハイビスカスが咲き乱れる公園が「ハイビスカス・ガーデン」である。 マレーシアの国花でもあるハイビスカスを、満喫することができる庭園だ。

Chinatown

チャイナタウン

一日中賑やかな中華街

ぺタリン通りをメインストリートに、周辺のスルタン通りまで広がるエリアがチャイナタウンと呼ばれている。 中華系の露天を始め、さまざまなお店が立ち並ぶ商店街だ。

Butterfly Park

バタフライ・パーク

約6000匹の蝶の楽園

蝶をメインに飼育している昆虫園だ。 蝶のコレクションは120種類、約6000匹にも上る。 園内も美しく作られており、マレーシアの熱帯雨林をイメージして構成されている。

ブキッ・ビンタン通り

クアラルンプールのショッピング通り

クアラルンプールのメインストリートも言うべき場所が、「ブキッ・ビンタン通り」である。 モノレール駅ブキッ・ビンタンから約1キロメートル伸びるショッピング通りだ。 観光客や地元の人で賑わう通りで、昼夜問わず多くの人が集まる場所でもある。

スポンサーリンク

Forest Research Institute Malaysia

マレーシア森林研究所フリム

トレッキングや自然を学ぶ森林研究所

森林の研究所を含む自然公園が、「マレーシア森林研究所フリム」である。 世界で一番低地にある熱帯雨林としてよく知られているスポットだ。 トレッキングから、バードウォッチング、キャノピーウォークなどが楽しめる。

Orchid Garden

オーキッド・ガーデン

800種類のランが咲き乱れるガーデン

バタフライ・パークやプラネタリウムが点在する、レイクガーデン内にあるのが「オーキッド・ガーデン」である。 ハイビスカスガーデンと隣接しており、園内で繋がっているスポットだ。

Malaysia Agriculture Park

チャハヤ農業公園

熱帯のフルーツや釣りを楽しむ公園

クアラルンプール郊外にあるのが、「チャハヤ農業公園」である。 ドリアンやドラゴンフルーツなどの、自然の状態で生育する熱帯地方独特のフルーツを見ることができる公園で、広さは、129ヘクタールにも及ぶ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク