スポンサーリンク

ペトロナス・ツイン・タワーの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ペトロナス・ツイン・タワー
Menara Berkembar Petronas

2016/12/13 更新

Petronas Twin Tower

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Petronas Twin Tower

クアラルンプールの超高層ビルで、マレーシアのランドマークとなっているのがペトロナス・ツイン・タワー。ペトロナスという国立石油会社によって建設され、ショッピングセンターや水族館が入っている人気の観光スポットだ。ツインタワーの大きな見どころは、スリアKLCCとスカイブリッジである。

構造

高さ452メートル、地上88階建てで、20世紀に建てられた超高層ビルの中で最も高い。設計は建築家のシーザー・ペリ。タワー1は日本企業のハザマ、タワー2は韓国企業のサムスン物産、41階と42階にあるタワー間を結ぶスカイブリッジはフランスの建設会社が施工した。建設時、サムスンがハザマを追い抜こうと急ピッチで作業を進めた結果垂直性に問題が発生。スカイブリッジを追加する事で傾きの修正に成功したが、この時の「タワー2は傾いている」という風評は今なお残っている。

タワー内のほとんどにオフィス関係の施設が入り、関係者以外立ち入り禁止となっている。タワー2には世界的な企業も入っており、マイクロソフトやアルジャジーラ等のオフィスもある。

チェック

①スカイブリッジ

Petronas Twin Tower

地上452メートルからの展望が人気

ペトロナス・ツイン・タワーで人気のスポットと言えば、スカイブリッジ。2本のタワーを繋ぐ連絡橋のことで、チケット売り場には連日長蛇の列ができている。行列を回避したい場合には、予めオンラインでチケットを予約しておくのもお勧めだ。

ちょうどタワーの半分ほどの高さにあり、素晴らしい眺めを楽しめる。高いところが平気な人は、併せて観光できる88階の展望台にも上ってみたい。地上452メートルからの景色は、何も遮るものがない絶景だ。

スポンサーリンク

②スリアKLCC

Petronas Twin Tower

タワー内にある巨大ショッピングモール

スリアKLCCは、タワー下部に広がる巨大なショッピングモールだ。店内にはブランド品に始まり、アウトレット品、お土産までさまざまなアイテムが購入できる。他にも水族館や、映画館、美術館、フィルハーモニーオーケストラホール、レストランなどアミューズメント施設も軒を連ね、1日見て回っても飽きない。タワー上部からの美しい景色を眺めた後は、散策してみよう。

ペトロナス・ツイン・タワーの危険対策


(Photo by Ryan Lackey Phalinn Ooi)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク