スポンサーリンク

クアラルンプールのアミューズメント人気ランキング

アミューズメント

58件

Bird Park

1

バード・パーク

自由に園内を動き回る鳥たち

ボタニカル・ガーデン内にある、鳥たちの楽園。 国を越えて集められた200種類、3000羽にも上る鳥たちが見られるテーマパークだ。

Aquaria KLCC

2

KLCC水族館

幻想的な水中トンネル水族館

広大なKLCCパークのそば、コンベンションセンター内にあるのが「KLCC水族館」である。 約150種類、5000匹の生き物を飼育・管理している。 迫力ある巨大なサメ、悠々と飛ぶように泳ぐマンタ、印象的な顔のナポレオンフィッシュなど個性的な生き物が見学できるのである。

National Zoo

3

マレーシア国立動物園

間近で触れるマレーシアの動物たち

広大な敷地にマレーシアに生息する動物や、ジャイアントパンダを飼育している「マレーシア国立動物園」。 クアラルンプール中心部からは、車で20分ほどで行くことができる観光スポットだ。 45ヘクタールという広い敷地に、400種類もの動物たちが飼育・管理されている。

スポンサーリンク

Butterfly Park

4

バタフライ・パーク

約6000匹の蝶の楽園

蝶をメインに飼育している昆虫園だ。 蝶のコレクションは120種類、約6000匹にも上る。 園内も美しく作られており、マレーシアの熱帯雨林をイメージして構成されている。

Forest Research Institute Malaysia

マレーシア森林研究所フリム

トレッキングや自然を学ぶ森林研究所

森林の研究所を含む自然公園が、「マレーシア森林研究所フリム」である。 世界で一番低地にある熱帯雨林としてよく知られているスポットだ。 トレッキングから、バードウォッチング、キャノピーウォークなどが楽しめる。

Sunway Lagoon Themepark

サンウェイ・ラグーン・テーマパーク

南国の暑さ和らぐウォーターパーク

クアラルンプール中心部から30分の場所にあるウォーターパークが「サンウェイ・ラグーン・テーマパーク」だ。 広大な敷地は幾つかのエリアに分かれていて、5つのエリアと80種類のアトラクションを楽しむことができる。

Craft Cultural Complex

クラフト・カルチュラル・コンプレックス

マレーシア伝統工芸を見学・体験施設

マレーシア伝統工芸に触れたい方におススメなのが、「クラフト・カルチュラル・コンプレックス」だ。 ブキビンタンの近く、パビリオンショッピングセンターの近隣に位置する施設である。 マレーシアの伝統工芸が実際に制作されている「アーティストコロニー」があり、バテッィクや陶芸、木彫りなどの工芸品の製作工程も見学できる。

スポンサーリンク

Planetarium Negara

プラネタリウムヌガラ(国立プラネタリウム)

マレーシアを代表するプラネタリウム

プラネタリウムヌガラは、レイクガーデンの丘の上にあるプラネタリウムである。 レイクガーデンには、博物館や国立モスクなどがあり、その中の一つのアトラクションとして、プラネタリウムが建設された。 日本でプラネタリウムと聞くと、星に関する博物館を創造するが、プラネタリウムヌガラは、宇宙についての展示が多くされている。

no-image

Golden Screen Cinemas

no-image

Putrajaya Marina Aquarium

スポンサーリンク

スポンサーリンク