スポンサーリンク

クアラルンプールのアクセス・交通情報

特集

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

6件

1

クアラルンプール国際空港と市内へのアクセス

クアラルンプール国際空港は、クアラルンプールの中心から南におよそ50キロメートルのところに位置する空港で、24時間オープンしているマレーシア国内で一番大きく利用者の多い空港だ。2014年の総旅客数は4893万人を超え、国際線の旅客数は世界でも13番目に多い。マレーシア航空、エアアジアグループがハブ空港として利用していて、日本とは、羽田空港、成田空港、関西国際空港との間で直行便を就航している。 オープンは1998年。「森の中の空港、空港の中の森」というコンセプトの元で日本の建築家、黒川紀章がデザインした。メインターミナルは大成建設、サテライトターミナルAは竹中工務店が施工しており、日本と縁が深い空港と言える。

Kuala Lumpur taxi

2

クアラルンプールのタクシー

マレーシア・クアラルンプールのタクシーは、主にメーター制である。タクシーには主にグレードの低い順にバジェット、Teksi 1Malaysia(TEKS1M)、エグゼクティブの3種類があり、料金体系は異なっている。 SPAD(陸上公共交通委員会)のサイトに示されている料金体系は次のとおりである。

LRT

3

LRT Rapid KL(高架鉄道)

クアラルンプールのLRTは、LRT Rapid KLと呼ばれる高架鉄道のことで、クアラルンプール市内の主な場所を結んでいる。 LRTは地元の人々だけでなく、観光客にとっても大変便利な移動手段のひとつである。 LRTにはアンパン線とクラナ・ジャヤ線の2路線が走行しており、日中は6-8分おきに、通勤時間帯では4分おきに運行している。 本数が多く時間にも正確なLRTは、観光客にとっても利用しやすいだろう。

スポンサーリンク

KTM

4

KTMコミューター(近郊列車)

クアラルンプールのKTMコミューターは、マレーシア鉄道公社(KTM)が運営しており、クアラルンプール市内と郊外を結ぶ近距離列車である。 KTMコミューターは、現在3路線(バトゥケーブス-ポートクラン線、ラワン-スレンバン線、ラワン-タンジュンマリム線)走行しており、車両は3両または6両編成となっている。 また、1車両は日本と同様に、終日女性専用車両となっている。 KTMは、約15分から30分間隔で走行している。

Kuala Lumpur railway

マレーシアの鉄道

マレーシアの鉄道は、マレー鉄道と呼ばれており、路線はマレーシアを縦断している。マレーシア鉄道公社が運営しており、タイを経由して、シンガポールまでつながっている路線もある。主に3路線といくつかの支線から成り立っており、マレーシアを長距離または近距離を移動するには、便利な交通手段のひとつだ。 列車を大きく3つに分類すると、長距離を走行する「KTMインターシティ」、都市間を高速で走行する「KTMエレクトリック・トレイン・サービス」、クアラルンプール近郊を走行する通勤電車の「KTMコミューター」がある。 座席の種類にはいくつかあり、1等車にあたる「AFC(プレミア)」、2等車にあたる「ASC(スーペリア)」、3等車にあたる「AEC(エコノミー)」がある。また寝台車にも「プレミア」、「スーペリア」、「プレミアデラックス(クアラルンプール-ジョホールバル路線のみ)」があり、ベッドの上段と下段とでも料金は異なる。

HOP on HOP off Bus

ホップオン・ホップオフ・バス

マレーシアをもれなく楽しむ観光バス

クアラルンプールの観光スポットを効率よく楽しむのにおススメなのが、「ホップオン・ホップオフ・バス」である。 制限時間内であれば、何回でも乗り降り自由の観光バスだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク