仁寺洞・鍾路×ミュージアム

このカテゴリーをソウル全域で見る

仁寺洞・鍾路×ミュージアム

6件

museum-kimchikan

1

キムチ博物館

韓国の国民食をフィーチャー

韓国料理といえば、誰もがまず思い浮かべるのがキムチだろう。 ソウルには、そんな国民食であるキムチだけに特化した博物館がある。 それがキムチ博物館(ミュージアムキムチ間)だ。

gana art

2

ガナアートセンター

アートなエリアにあるモダンなアートスペース

ガナアートセンターは、ソウルの北端、平倉洞(ピョンチャンドン)エリアにあるアートギャラリーだ。 このエリアは閑静な住宅街であると同時に、アートの街でもある。 周辺には多くの美術館やギャラリーがひしめいており、こちらのガナアートセンターはその代表格といえるだろう。

3

韓尚洙刺繍博物館

無形文化財の匠の技を堪能

韓尚洙(ハン・サンス)氏は、韓国の重要無形文化財に指定されている韓国刺繍の匠だ。 韓国刺繍は5,000年の歴史をもつ伝統工芸で、小刻みに糸を渡していく繊細な技術が特徴となっている。 王家から庶民まで、身分を問わずに誰もが親しんできた文化であり、韓国を象徴する伝統のひとつといえる。

スポンサーリンク

4

トック博物館

韓国の伝統食トックの博物館

トックとは、韓国の伝統的なお餅のこと。 正月やお盆など、季節ごとの行事には必ず食べられてきた国民食だ。 そんなトックに関する風習や文化、道具類などをまとめて展示したのが、このトック博物館となっている。

Ujeongchongguk

通信記念博物館

韓国の郵便発祥の地

通信記念博物館は、韓国の郵便に関する歴史を一挙に展示した記念館だ。 朱塗りの威厳ある建物だが、それもそのはず、こちらはもともと1884年に韓国初の郵便局として造られたものだった。韓国における郵政業務生誕の地だといえる。

Naksan Public Art

梨花洞路上美術館

アートエリアの路上美術館

梨花洞は、ソウル屈指のアートの街として知られるテハンノの近くにあるエリアだ。 この地域は坂が多く、もともとは低所得者の住む街だったが、2006年から文化事業の一環としてまったく新しいアートスポットとして生まれ変わった。 それが、この路上美術館だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク