スポンサーリンク

南大門市場でのお土産情報、料金、営業時間、アクセス・行き方

南大門市場 (ナムデムンシジャン)
남대문시장 (ナムデムンシジャン)

2016/12/13 更新

Namdaemun_market

スポンサーリンク

概要

2大市場のひとつ 昔ながらの市場

南大門市場は、東大門市場と並ぶソウル2大市場のひとつだ。
会賢駅を基点に広がるこの市場は、実はソウル市内で最も古い市場でもあり、なんとその歴史は600年にも及ぶ。

規模も大きく、全部で1万店以上もの店舗が入っているため、じっくり見ていれば丸一日潰すことも難しくないだろう。
「広すぎてどこを見ていいのか迷ってしまう」と考えてしまうかもしれないが、南大門市場では似た業種のお店が近い路地に集まっているため、案外効率的に廻ることも可能だ。
コスメ街、衣類街、人参街などのほか、子供服街やアーミーショップ街といった変わり種の路地もあるので、自分流に楽しもう。

もちろん、「うまいもん横丁」のような食べ歩きスポットもある。

見どころ

①民芸品などの土産物が充実

南大門市場は、近代的に発展している東大門市場と比べると、昔ながらの市場らしい空気を色濃く残した市場だといえる。
そのため、民芸品や伝統工芸雑貨のような、ソウルならではの品々を取り扱っている店舗も多い。

伝統技術によって作られたストラップやキーホルダー、竹細工によるインテリア、韓国特有のステンレス製の箸やビビンバ用の鍋など、より「韓国らしさ」を感じられる土産品がたくさん揃っているので、ソウル旅行の記念にひとつぐらい買っておくのもよいだろう。

南大門グルメで舌鼓

南大門市場は飲食店が多く並んでいる市場でもある。
特に、韓国の市場ならではのディープなB級グルメを味わうために最適な店が多いので、買い物をしながらあれこれつまんでみるのも楽しいだろう。

たとえば、太刀魚と大根を煮込んだカルチジョリムという料理は、「太刀魚横丁」というストリートまであるほどに多くの店が集まっている。
「うまいもん横丁」では、ビビンバやチゲ、トッポッキといった韓国料理を楽しむことができる。
あくまでも庶民の目線に立った、リアルな韓国料理を食べたければ、南大門市場がオススメだ。

(Photo by Sakaori)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット