ソウルのお土産ショッピング人気ランキング

ショッピング

290件

Namdaemun_market

1

南大門市場

2大市場のひとつ 昔ながらの市場

南大門市場は、東大門市場と並ぶソウル2大市場のひとつだ。 会賢駅を基点に広がるこの市場は、実はソウル市内で最も古い市場でもあり、なんとその歴史は600年にも及ぶ。

Gwangjang Market

2

広蔵市場

ソウルで食べ歩きといえばここ!

旅行の醍醐味のひとつとしては、食べ歩きも欠かせないだろう。 ソウルにはたくさんの市場があるが、ショッピングよりも食べ歩きをメインに考えているのであれば、絶対に外せないのがこの広蔵市場だ。 1905年に国内初の市場としてオープンしたこちらに入っている店舗は、実に数千にも及ぶ。

3

ロッテ百貨店

韓国を代表するデパート

ロッテ百貨店は、韓国を代表する企業であるロッテグループの経営するデパートだ。韓国国内の至る所に支店を持ち、ソウル市内だけでも13の店舗を構えるほどの巨大チェーンとなっている。中でも1979年に開店した本店は、ソウルのランドマークのひとつとして市民に親しまれているだけでなく、観光客からも高い人気を誇るスポットだ。ソウル最大の繁華街である明洞にあるため、ソウル市内を歩くすべての人にとって使いやすいのもありがたい。

スポンサーリンク

Dongdaemun Market

4

東大門市場

定番観光スポットは眠らぬ繁華街

東大門市場はソウル2大繁華街のひとつで、ショッピング天国として有名なエリアだ。卸売問屋が多く並ぶため、多くの店が早朝から深夜まで営業しているのが特徴で、「眠らぬ市場」との異名まで持つほど。衣類やアクセサリー等を取り扱う大型ビルから、韓国のB級グルメを味わえるタッカンマリ横町まで、ファッションもグルメも楽しめる贅沢なスポットだ。いずれもリーズナブルな価格設定なので、思い切り買い物を楽しみたい人にもお勧め。 なお、東大門市場というのはこのエリアにあるさまざまな市場やファッションビル群などの総称であり、「東大門市場」という特定の市場のことを指すケースは少ないので注意しよう。このエリアにふくまれる市場としては、広蔵市場、東大門総合市場、新平和市場、東平和市場、興仁市場、第一平和市場、光煕市場などがある。

Shinsegae Department Store Main Store

新世界百貨店

韓国で最初のデパート

新世界百貨店は、1930年創業の老舗デパートだ。韓国国内で最初にできたデパートであり、今もそのステータスは高いものがある。国内ではセレブ御用達の高級デパートとして知られているほか、外国人観光客からの人気も根強い。 一方で、伝統を守るだけではデパートという商売は成り立たない。クラシカルな本館の空気をそのまま残しつつ、新館ではヤングファッションブランドも取り入れており、伝統と流行とをうまくハイブリッドさせているデパートだともいえる。

lotte young plaza

ロッテヤングプラザ

ヤングもヤングでない人も楽しめるファッションビル

ロッテヤングプラザは、ソウル最大の繁華街であるミョンドンにあるファッションビルだ。 この周辺は通称「ロッテ街」と呼ばれるほどロッテグループ関連の施設が多く立ち並んでいるが、このロッテヤングプラザもそこに2003年から仲間入りを果たしたファッションビルとなっている。

Gyeongdong Market

京東市場

韓国最大の生薬市場

海外旅行といえば市場を歩くのも醍醐味のひとつだが、ソウルは特に風変わりな市場が揃っていることで有名だ。 この京東市場もそうした特徴的な市場のひとつで、こちらに軒を連ねているのは生薬専門店が中心となっている。

スポンサーリンク

中部市場

ソウル市民の台所

知らない街を旅行する際には、その街の市場を歩いてみるのが好きだという人も多いのではないだろうか。 特にソウルの場合は、人気の市場が数多く存在するので、それぞれの違いを見比べながら楽しんでみるのもオススメだ。

ロッテ免税店本店

ソウルで人気ナンバーワンの免税店

ロッテグループの経営するロッテ免税店は、韓国国内に全部で7店舗ある。 そんな中でもナンバーワンの人気を誇っているのが、ソウル最大の繁華街であるミョンドンに位置するこの本店だ。

Noryangjin Fish Market

鷺梁津水産市場

ソウルで海鮮といえば鷺梁津

ソウル市内に市場は数多くあるが、いずれも個性が際立っていて、観光客からも目当てによって行き先を選びやすいのが嬉しいところだろう。 市場は立地的に交通の便がよいところにある場合が大半なので、観光ルートに組み込みやすいのもありがたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク