スポンサーリンク

ソウルのタクシーの料金、乗り方、予約方法、注意点

ソウルのタクシー

2017/05/05 更新

Seoul taxi
  • データガイド

料金体系

韓国・ソウルのタクシーはメーター制であり、一般タクシーと模範・大型タクシー、小型タクシーの3つの料金体系がある。
ソウル特別市タクシー運送事業組合のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。(2013/10発効)

メーター料金

■一般タクシー
・初乗りは₩3,000(2キロメートルまで)
・初乗り区間以降の距離料金は142メートル当たり₩100
・時間料金(時速14.75キロメートル以下で走行時)は35秒当たり₩100

■模範・大型
・初乗りは₩5,000(3キロメートルまで)
・初乗り区間以降の距離料金は164メートル当たり₩200
・時間料金(時速14.75キロメートル以下で走行時)は39秒当たり₩100

■小型タクシー
・初乗りは₩2,100(2キロメートルまで)
・初乗り区間以降の距離料金は155メートル当たり₩100
・時間料金(時速14.75キロメートル以下で走行時)は37秒当たり₩100

※追加料金がかかる場合
・夜間0:00以降4:00までは料金が20%割り増しになる。
・ソウルの営業区域外に向かう場合は料金が20%割り増しになる。
・有料道路の通行料は、乗客が実費負担
なお仁川空港からソウル市内、金浦空港からソウル市内は区間制による定額。

乗り方

流しのタクシーを拾う、タクシー乗り場から乗る、予約して来てもらうという方法がある。タクシーの数が多いので、拾いやすい。
赤いサインが出ていてランプが点灯していれば空車なので、手をあげてとめることができる。
大型ホテルやデパート、ショッピングセンター、駅前など市内の主な場所にはタクシー乗り場がある。

白タクや違法タクシーに乗らないよう気をつけたい。
自動ドアではないので、ドアは自分で開け閉めする。
メーターが倒されたか確認すること。シートベルトを着用すること。
ソウルではタクシーにチップは基本必要ないが、大きな荷物を運んでもらったり特別なサービスを受けたときは、気持ちだけ渡すとよい。

予約方法

日本語でも予約のできるインターナショナルタクシーの予約番号は次のとおりである。24時間前までに予約すること。
電話番号 +82-2-1644-2255 
受付時間 平日9:00-18:00、土曜9:00-13:00、日曜、祝日休み
メール([email protected])やウェブサイトからも予約が可能である。

その他注意点

模範タクシーは車体が黒で、屋根の上のサインが黄色なのが目印。
「模範」タクシーと呼ばれるだけあり、サービスがよく安心して利用できる。日本語や英語の通じるドライバーも存在している。
ただし料金は一般タクシーに比べると割高で、流しているものは少なく、空港やホテル、観光地など外国人観光客が多い場所にいることが多い。

一般タクシーは白やオレンジの車体のものが多く、屋根のタクシーサインは青色である。
大型タクシーは最大8人まで乗車可能。気をつけたいのは、大型タクシー(ジャンボタクシー)に似た「コールバン」。
トラブルが多発しているので、乗らないこと。
在大韓民国日本国大使館の「安全マニュアル 防犯の手引き」によると、コールバンという貨物車の料金体系は通常のタクシーと全く異なるにも関わらず、車体の色や外装などを酷似させて混同させる手口であるとのこと。
正規のジャンボタクシーは車体にJUMBO TAXIと英語で書かれている。ダッシュボードの運転手のIDも確認すること。

また、白タクもいるが、トラブルのもとなので乗らないこと。基本的には向こうから声をかけて客引きをしてくる車には乗らないこと。
これらのトラブルと無縁で、日本語や英語が可能なタクシーがインターナショナルタクシーである。
車体は中型がオレンジ色で模範やジャンボタクシーは黒色。「International TAXI 1644-2255」という表示が車体と屋根にある。
基本的に予約制であるが、仁川や金浦空港に日本語のできるスタッフのいる案内デスクと専用乗り場があるので安心である。

ソウル旅行者の必読記事

(Photo by MasDom)

人気記事

外貨両替窓口
ソウルのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク