スポンサーリンク

市庁・光化門

特集

ソウルのホテル

【ソウルのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

基本的に治安が良いソウルだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

韓国の明洞

韓国の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

韓国といえばいわずと知れた日本のお隣の国であり、昔から文化交流の機会も多く、見た目だけでなく様々な面で日本と似ている国だ。韓国好きだけでなく、これから世界各国を一人旅しようという旅人の入り口としてもお勧めの国だ。 この記事では、韓国を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

seoul

【韓国】ソウルのお勧め定番観光スポット10選

初めてソウルに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Seoul, South Korea, food

ソウルで食べられる韓国の名物料理10選!お勧めグルメ旅

国内のさまざまな伝統料理が集まる場所、首都ソウル。韓国を代表する料理トッポギ、チゲなどを味わえることでよく知られているグルメ都市だ。ソウルで人気があるのが、実は「韓定食」。宮廷料理に始まりをもつ韓定食は、韓国ドラマで注目を集めソウルグルメとして有名になった料理である。韓国焼肉の地元でもあるので、牛肉や豚肉を野菜と美味しく食べることができる。韓国料理を堪能しよう。

Seoul plan

ソウル旅行6泊7日の予算とモデルプラン

ソウル旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。朝鮮時代に建てられた王の宮殿が現存する景福宮。百済王室の繁栄ととも建てられた、彫刻・遺跡・五層石塔などで有名な扶余定林寺址。ソウルのランドマークである63ビルディングは、展望台や水族館が楽しめるスポットだ。繁忙期にソウルを訪れる場合、飛行機代は通常より割増しとなるが、ホテル代などは通常料金で利用が可能である。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

市庁・光化門

12件

Gyeongbokgung Palace

1

景福宮

李氏朝鮮時代の正宮

ソウルで最も人気の観光スポットといえば、この景福宮だろう。1395年の創建からずっとソウルのシンボル的存在であった景福宮は、日本統治時代に一度破壊されたが、戦後から復元工事が施されている。この工事は現在も続いており、2025年には完全復元が実現する予定だ。 また、敷地内には国立古宮博物館や国立民俗博物館といった施設も併設されているため、ソウルに来てすぐにそれらを観て廻れば、駆け足で朝鮮王朝の歴史や風俗の基礎知識を得ることもできる(所要時間は1時間程)。600年以上の歴史をもつこの景福宮を存分に味わって、大昔の王族たちの暮らしに思いを馳せてみるのも楽しいだろう。宮内では、近隣の貸衣装店でチマチョゴリをレンタルし、伝統衣装に身を包んで歩いている観光客の姿も多く見受けられる。 また、地元のボランティアによる無料の日本語ガイドツアーがあるのも嬉しいところ。興味がある人は興礼門をくぐってすぐの所にある案内所の指示に従い、指定の待ち合わせ場所に待機しよう。

Gate Gwanghwamun

2

光化門

幾度も復元されている景福宮の正門

光化門は、韓国最大の観光スポットである景福宮の本来の正門だった。最初に建設されたのは1394年と600年以上も昔のことで、非常に長い歴史を持っている。同時に、これまでたびたび失われてきた門でもあり、その度に復元工事が繰り返されてきた。 面白いのはその復元のアプローチだ。幾度も失われてきたという事情から、より丈夫に再建しようという意向のもと、1968年以降、光化門は昔は存在しなかったはずの鉄筋コンクリート製となっている。

Deoksugung

3

徳寿宮

5大王宮のひとつ 長寿を願う宮殿

徳寿宮はソウルの5大王宮のうちのひとつだ。西洋様式を取り入れた美しい建築と和洋折衷の庭園が美しく、確かに5大王宮に数えるのに相応しい威厳を備えている。 しかしそれとは裏腹に、実はこの宮殿は家主がほとんど安定する事のなかった悲劇の宮殿でもある。その歴史は、波瀾万丈な大韓帝国の歴史そのものだともいえる。

スポンサーリンク

the national folk museum of korea

4

国立民俗博物館

韓国の庶民の日常生活を一挙に網羅

国立民俗博物館は、韓国の歴史を生活と文化の側面から捉えて展示している博物館だ。 こちらの博物館の歴史は古く、オープンは実に1945年にまで遡る。 その後1993年に現在の建物内に移転してきて、現在へと至る。

Seoul Museum of Art

ソウル市立美術館

中心街にあるオアシスのような美術館

ソウル市立美術館は、市庁舎から程近いソウル中心部にある美術館だ。 その立地とは裏腹に、4,000坪の敷地は緑豊かな庭園のような空間となっているので、地元では散歩がてら立ち寄る市民も少なくない。 これは、この美術館が建物や樹木まで含めて複合的なアートと捉えているためで、まさに都会のオアシスといったところだろう。

seoul museum of history

ソウル歴史博物館

ソウル600年の歴史を網羅

ソウル歴史博物館は、ソウルという都市だけに焦点を当てた歴史博物館だ。 ソウルがまだ「漢陽」や「漢城」と呼ばれていた時代から現在にいたるまでの600年間の歴史をぎゅっと凝縮したスポットなので、ソウル観光の最初に訪れておくと予備知識がついてオススメだ。

Gyeonghuigung Palace

慶熙宮

5大古宮のひとつ、別名「西殿」

慶熙宮は、5大古宮に数えられる宮殿のひとつで、朝鮮時代後期に王室の離宮として使用されていたものだ。 5大古宮の中では最も西側に位置しているが、そのことから「西殿」との通称でも呼ばれている。

スポンサーリンク

national palace museum of korea

国立古宮博物館

朝鮮王朝の歴史と文化を網羅

国立古宮博物館は、1992年にオープンし2012年にリニューアルされた文化財メインの博物館だ。 従来は景福宮や昌徳宮、昌慶宮などといった各宮殿で分散して保管されていたものを、こちらで一挙に保管し紹介するために造られたのが、この博物館だった。

貞洞劇場

ソウル中心部にある伝統芸能専用劇場

貞洞劇場は、ソウル中心部の貞洞エリアにある劇場だ。 1997年に設立されたこの劇場は、韓国初の近代式劇場であった「園覚寺」(ウォンカクサ)をモデルにしているという。 そこからもわかるように、貞洞劇場は伝統芸能専門の劇場となっている。

Jeongdong

圜丘壇

朝鮮王朝最後の王ゆかりのパワースポット

圜丘壇は、ソウルの中心的オフィス街に位置する旧跡だ。 朝鮮王朝最後の王である高宗が即位した場所であるとともに、さまざまな儀式や祈りを捧げた地としても知られている。 現在は祭壇そのものは残っていないのだが、関連する建造物が保存されており、それらを総称して「圜丘壇」と呼んでいる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク