南埔洞・チャガルチ

特集

釜山のホテル

【釜山のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

日本人に人気がある観光地である釜山だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にして釜山の夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくの釜山旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

Busan plan

釜山旅行6泊7日の予算とモデルプラン

釜山旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。韓国の5大寺院のひとつである梵魚寺は、釜山の歴史的背景を表した寺院であり、訪れるひとも多い。釜山の鉄板スポットである釜山タワーは、釜山市内が一望できる観光地として有名だ。また釜山旅行で外せないのが、市場である。新鮮な魚介類を初め、陶器や漆器、民芸品や寝具などの店も多数あり、ショッピングを楽しむのも釜山観光の楽しみのひとつだ。

busan food

釜山の名物料理10選!お勧めグルメ旅

日本とも付き合いの長い都市・釜山。韓国第二の都市であり、釜山でしか味わえない韓国グルメが魅力的な都市だ。対馬海峡に面した都市でもあり、海の恵み豊かな海鮮物の街としても有名である。日本の対馬とは近距離にあり、釜山行きの船も出ているほど近しい関係なのである。近年では、日本側から釜山の花火大会が見えることでもよく知られている。コンテナ貨物で世界でも評価されている港湾都市・釜山の名物は、新鮮な魚料理。生で食べる郷土料理も有名なほど、釜山の新鮮な魚介は美味だ。辛さ控えめの釜山の名物料理は、韓国料理初心者にも楽しめるグルメなのである。

busan

釜山のお勧め定番観光スポット10選

初めて釜山に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

韓国の明洞

韓国の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

韓国といえばいわずと知れた日本のお隣の国であり、昔から文化交流の機会も多く、見た目だけでなく様々な面で日本と似ている国だ。韓国好きだけでなく、これから世界各国を一人旅しようという旅人の入り口としてもお勧めの国だ。 この記事では、韓国を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

チャガルチ

12件

Jagalchi Market

1

チャガルチ市場

海産物の宝庫

チャガルチ市場は韓国釜山にある海産物市場だ。日本における東京の築地市場や大阪の黒門市場のような存在であり、まさに海産物の宝庫。常に活気に満ち、新鮮な魚介類を取り揃えている。魚介類を売っているだけではなく、そこで売っている魚介類を使った料理も楽しむ事ができるのも魅力的だ。

Yongdusan Tower

2

釜山タワー

釜山市民に愛される釜山タワー

釜山タワーは、釜山の南東にある龍頭山公園(ヨンドサンゴンウォン)にある釜山の代表的な建築物である。 地上118メートルのタワーに登れば、釜山港や民主公園、ロッテホテル等を見渡す事ができる。釜山の絶景を楽しめる人気スポットだ。釜山タワーは釜山市民の力強さの象徴にもなっており、古くから地元民に愛されて現在まで形を保っている。 観光客が多いシーズンに行くと少し混んでいるが、韓国の他の場所と比べると人は少なく、穏やかな雰囲気を楽しめる場所になっている。地元民の交流の場所にもなっており、他の観光地よりは落ち着いて観光できるだろう。

gukje-market

3

国際市場

国際市場の歴史

国際市場は朝鮮戦争後が始まりとされている。 戦争後、釜山に人が集まるようになり、商売が始まっていった。 その規模が大きくなり、今の市場として存在している。

スポンサーリンク

no image

4

富平市場

富平市場の別名

朝鮮戦争が終わった頃、アメリカ軍の進出によりアメリカからの輸入物資が市場で下されていたのが富平市場の始まりである。 輸入物資とはほとんどが軍用物資であったが、その中にはアメリカの缶詰や食料品、お菓子、衣類などがあった。 特に缶詰の数が多く、缶詰を横流しし、多く販売されていた。

Busan Modern History Museum

釜山近代歴史館

釜山近代史を一望

釜山近代歴史館は、2003年にオープンした歴史ミュージアムだ。 白く美しいモダンな外観は、近代らしい優雅さを感じさせる。

LOTTE Department Store GWANGBOK

ロッテ百貨店光復店

2009年オープン 南浦エリア初のデパート

釜山市内にはこれまでにも多くのデパートがあったが、ほとんどは最大の繁華街である西面付近ばかりだった。 そんな中、はじめて南浦洞エリアに進出したのが、ロッテ百貨店光復店だ。

no image

40階段文化館

朝鮮戦争の足跡を今に残す文化館

40階段文化館は、朝鮮戦争当時の避難民の生活を伝える文化館だ。 ここは当時、韓国各地から多くの避難民が集まってきた場所だった。 また、離れ離れになった家族同士の待ち合わせ場所でもあった。

スポンサーリンク

no image

宝水洞本屋通り

書店とコロッケパンのある通り

読書好きであればぜひ訪れたいスポット、それがポスドンチェッパンコルモクだ。 宝水洞エリアにある古書店街のことで、通り沿いをぎっしりと約60軒もの古本屋が軒を連ねている。

Dried Seafood Market

乾魚物都売市場

古い日本家屋の並ぶ乾物市場

乾魚物都売市場は、観光地としても有名なチャガルチ市場のすぐ近くにある市場だ。 乾魚物専門の卸売市場となっており、約200の店舗が軒を連ねている。

Memorial Hall of Provisional Capital

臨時首都記念館

釜山が臨時首都だった時代を伝えるミュージアム

韓国の首都といえば、誰もが知るとおりソウルだ。 だが、朝鮮戦争当時、ソウルが戦火に巻き込まれてしまい、やむを得ず別の都市に首都機能を移転していた時期があるということは、意外と知られていないのではないだろうか。 そのとき臨時首都となっていたのが、実は釜山なのだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク