スポンサーリンク

釜山のタクシーの料金、乗り方、予約方法、注意点

釜山のタクシー

2017/05/05 更新

busan taxi
  • データガイド

料金体系

韓国・釜山のタクシーはメーター制であり、一般タクシー(中型車)と模範・大型(ジャンボ)タクシーの2つの料金体系がある。
コールタクシー(その他の注意点の項で説明)の料金体系は一般タクシー(中型車)と同じである。
釜山都市圏のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。(2015現在)

メーター料金

■一般タクシー(中型車)
・初乗りは₩2,800(最初の2キロメートルまで)
・初乗り区間以降の距離料金は143メートル当たり₩100
・時間料金は時速15キロメートル未満で走行の場合34秒ごとに₩100

夜間0:00以降4:00まで、また市外に向かう場合は料金が20%割り増しになる

■模範・大型
・初乗りは₩4,500(最初の3キロメートルまで)
・初乗り区間以降の距離料金は160メートル当たり₩200
・時間料金は時速15キロメートル未満で走行の場合38秒ごとに₩200

乗り方

流しのタクシーを拾う、タクシー乗り場から乗る、予約して来てもらうという方法がある。タ
クシーの数が多いので、拾いやすい。
「빈차」(ビンチャ)という赤いサインが出ていてランプが点灯していれば空車なので、手をあげてとめることができる。
大型ホテルやデパート、ショッピングセンター、駅前など市内の主な場所にはタクシー乗り場がある。

自動ドアではないので、ドアは自分で開け閉めする。
メーターが倒されたか確認すること。
釜山ではタクシーにチップは必要ない。

予約方法

釜山での利用をおすすめしたいタクシー、灯台コールの電話番号は次のとおりである。CDMA方式のサービスの導入により、3-5分で来てくれる。
呼び出しによる追加料金はかからない。
灯台コール(トゥンデコール)+82-51-600-1000

その他注意点

模範タクシーは車体が黒で、屋根の上のサインが黄色なのが目印。
「模範」タクシーと呼ばれるだけあり、サービスがよく安心して利用できる。日本語や英語の通じるドライバーも存在している。
ただし料金は一般タクシーに比べると割高で、流しているものは少なく、空港やホテル、観光地など外国人観光客が多い場所にいることが多い。

観光イメージの向上に努める釜山市が普及に力を入れているのがブランドタクシーで、観光客に対して特に灯台コール(トゥンデコール)の利用を推進している。
車体に入っているオレンジの帯と屋根のオレンジのサインが目印。
灯台コールの特徴は、模範タクシー並みのサービスのよさなのに料金は一般タクシーと同じであること。
クレジットカードでの支払いができる。車内では観光協会を通じて24時間の通訳サービス(英語、中国語、日本語、ロシア語)を受けることができる。
大型タクシーは5-10人乗りなので、グループで利用する場合や荷物の多い時などに利用したい。

在釜山日本国総領事館の安全マニュアルでは、日本に比べてタクシーの運転が乱暴であることが指摘されている。
積極的にシートベルトを着用するなど気をつけたい。
タクシーのトラブルが釜山では以前に比べて大幅に減っていると言われているが、白タクに乗らないことや、メーターが倒されていることを確認するといった基本的なことに気をつけたい。

釜山の危険対策


(Photo by Doo Ho Kim)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク