スポンサーリンク

釜山のアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

6件

Gimhae International Airport

1

釜山の金海国際空港と市内へのアクセス

金海国際空港は、釜山の西端に位置する空港。1976年に開港し、2007年には新国際線ターミナルがオープンし、乗り継ぎもしやすくなった。国内線ターミナルと国際線ターミナル間は、徒歩または10分おき(5:50-22:50)に運行する無料のシャトルバスで移動することができる。 エアプサンがハブ空港として利用している他、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港等日本の航空会社の直行便も就航。なかでも関西国際空港、成田空港、福岡空港へのルートは、金海国際空港が就航する国際線の中で最も忙しいルートの上位3位を占める。 以前、空港から市内への交通手段は主にリムジンバスやタクシーであったが、2011年にライトレール「釜山ー金海軽電鉄(BGL)」が開通し、ライトレールと地下鉄を乗り継いで市内中心部へスムーズに移動できるようになった。

busan-metro

2

釜山の地下鉄

釜山の地下鉄は料金も安く、渋滞もないので気軽に利用できる移動手段のひとつである。釜山交通公社が運営している4路線(1号線-4号線)と、釜山‐金海軽電鉄が運営している軽電鉄の5路線が走っている。地下鉄は釜山市内のほとんどの観光地近くを走っている為とても便利。また、路線は番号と色で区分されているので分かりやすいのもポイントだ。 乗車券を購入する際も日本語での対応がある。車内の電光掲示板にも日本語表示があり、車内アナウンスは日本語でも流れるやめ、海外旅行初心者の日本人観光客でも利用しやすい。

busan taxi

3

釜山のタクシー

韓国・釜山のタクシーはメーター制であり、一般タクシー(中型車)と模範・大型(ジャンボ)タクシーの2つの料金体系がある。 コールタクシー(その他の注意点の項で説明)の料金体系は一般タクシー(中型車)と同じである。 釜山都市圏のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。

スポンサーリンク

busan bus

釜山のバス

釜山のバスは、釜山市内を網目状に張り巡らせて走行しているため、地元の人々にとって大変便利な交通手段となっている。 地下鉄が走っていない場所も、バスの路線がくまなく走行している。 バスを利用すれば釜山市内をどこでも行くことが可能で、地下鉄よりも時間もかからず、乗りこなせれば利用価値は高いが、観光客にとっては複雑で、乗りこなすのは簡単ではない。

korea railway

韓国の鉄道

韓国の鉄道は一部を除き韓国鉄道公社が運営しており、主要都市間をくまなく走行している。時間に正確で事故も少なく、安全に運行しているのが特徴で、料金も安価だ。 鉄道の種類は、最高速度時速300キロメートルのKTX(高速鉄道)、2番目に速いセマウル号、その次に速いムグファホ、そして一番遅いトンイルホの4種類。KTXに乗車すれば、ソウルから釜山まで約2時間半で到着する。

Gimhae Light Rail Transit

釜山の金海軽電鉄

釜山の金海軽電鉄は、釜山‐金海軽電鉄株式会社(BGM)が運営する路線である。 釜山の金海(キメ)国際空港と釜山市内を結ぶ路線であり、観光客にとっても大変便利な路線である。 以前は、空港から釜山市内へは、リムジンバスやタクシーでの移動が主流だったが、金海軽電鉄ができてから、渋滞に巻き込まれず早く移動することが可能になった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク