スポンサーリンク

釜山郊外

特集

Busan plan

釜山旅行6泊7日の予算とモデルプラン

釜山旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。韓国の5大寺院のひとつである梵魚寺は、釜山の歴史的背景を表した寺院であり、訪れるひとも多い。釜山の鉄板スポットである釜山タワーは、釜山市内が一望できる観光地として有名だ。また釜山旅行で外せないのが、市場である。新鮮な魚介類を初め、陶器や漆器、民芸品や寝具などの店も多数あり、ショッピングを楽しむのも釜山観光の楽しみのひとつだ。

busan food

釜山の名物料理10選!お勧めグルメ旅

日本とも付き合いの長い都市・釜山。韓国第二の都市であり、釜山でしか味わえない韓国グルメが魅力的な都市だ。対馬海峡に面した都市でもあり、海の恵み豊かな海鮮物の街としても有名である。日本の対馬とは近距離にあり、釜山行きの船も出ているほど近しい関係なのである。近年では、日本側から釜山の花火大会が見えることでもよく知られている。コンテナ貨物で世界でも評価されている港湾都市・釜山の名物は、新鮮な魚料理。生で食べる郷土料理も有名なほど、釜山の新鮮な魚介は美味だ。辛さ控えめの釜山の名物料理は、韓国料理初心者にも楽しめるグルメなのである。

busan

釜山のお勧め定番観光スポット10選

初めて釜山に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

韓国の明洞

韓国の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

韓国といえばいわずと知れた日本のお隣の国であり、昔から文化交流の機会も多く、見た目だけでなく様々な面で日本と似ている国だ。韓国好きだけでなく、これから世界各国を一人旅しようという旅人の入り口としてもお勧めの国だ。 この記事では、韓国を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

釜山郊外

4件

Haedong Yonggung Temple

1

海東龍宮寺

海沿いにある珍しい寺

この寺は、世界的に珍しい海際にある寺である。 場所は釜山市から東側に行ったところにある寺で、海雲台(ヘウンデ)から東へ車で約30分程ほどの松亭(ソンジョン)にある。

the modern museum

2

釜山博物館

釜山の歴史が詰まった博物館

この博物館は1987年に開館され、現在まで多くの観光客や地元の人々が訪れたスポットになっている。 驚くべきは展示物の数である。 先史時代という時代から現在までの遺物や絵画、陶芸品など釜山の歴史的遺産を約1万1千点も展示してある。

Tongdosa

3

通度寺

釜山近郊にある名刹

通度寺は、釜山中心部から約1時間ほどの距離にある霊鷲山の麓に位置する仏教寺院だ。 松広寺、海印寺と並んで「韓国3大名刹」に数えられるほどで、国内の仏教徒はもちろんのこと建築ファンや歴史ファンからも人気の高いお寺となっている。

スポンサーリンク

no image

4

昌原海洋ドラマセット場

釜山郊外にあるドラマ撮影所

釜山中心部から約1時間ほどの距離にある昌原に、多くのドラマや映画が撮影されている昌原海洋ドラマセット場がある。韓国では歴史ドラマの人気が高く、各地に歴史的な街並みを再現したロケセットが置かれているが、こちらのドラマセット場でも歴史ドラマの撮影がメインとなっている。 代表的な作品としては、日本でも放送された「王女の男」や「剣士ペク・ドンス」、「キム・スロ」などがある。特に、船着場のシーンではこちらのセットが利用されることが多い。嬉しいのは、こうした撮影所は一般的には有料であることが多いのに対し、ここでは見学無料であるということだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク