スポンサーリンク

上海老街の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

上海老街 (シャンハイラオガイ)
上海老街 (シャン ハイ ラオ ジエ)

2017/05/05 更新

Shang Hai Lao Jie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Shang Hai Lao Jie

豫園の東側「方浜中路」は、別名「上海老街」。現在の開発が進む前の古き中国を思い起こさせる、風情溢れるレトロストリートだ。英語名は「Shanghai Old Street」である。

ほかのエリア同様古き良き街並は次々取り壊され再開発の波が押し寄せており、上海の古い街並みを歩く事ができる機会が今後更に減る事は必至。ぜひ時間を作ってでも、散策する機会を持つ事をお勧めしたい。

見どころ

豫園二連なるこの通りは、同様に明、清代の雰囲気をそのまま受け継いだ雰囲気のある街並みと、多数並ぶ骨とう品店が内外の観光客に人気が高い。この通りは昔から続く大規模商業地域「東段」、明、清代の典型的な建築スタイルの二階建てになった古い建築物をそのまま生かしたノスタルジックエリア「西段」と、大きく2つに分かれている。

チェック

上海最後の骨董ストリート

Shang Hai Lao Jie

次世代の施設と共存する新しい観光スポットへ

以前から閉鎖のうわさが絶えなかった有名骨董通り東台路古玩市場が2015年6月にとうとうその歴史を終えた。東台路エリア全体が再開エリアとしてすっかり更地になってしまった今、東台路古玩市場代わる骨董通りはやはりこの豫園エリアの上海老街になるだろう。

蔵工楼工芸品市場、天徳府等古くからの老舗だけではなく、2008年に誕生した新ショッピングスポットの豫龍坊をはじめとする現代的なショップが共存し、単に骨董通りにとどまらない新しい観光スポットとして注目を集めている。

上海の危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク