スポンサーリンク

多倫路文化名人街の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

多倫路文化名人街 (タリンロブンカメイジンガイ)
多伦路文化名人街 (ドゥオルンルーウェンファミンレンジェ)

2017/05/05 更新

Duolun lu Cultural Street Shanghai

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Duolun lu Cultural Street Shanghai

多倫路の中でも観光用に整備された550メートルの路地。1930年前後に建てられた建物を使用した病院や展示館、学校、住居、店舗が並ぶ。租界時代に旧日本人居住区があった地域である為、日本人と縁のある建物やユニークな形の建物等、見所は多い。

通りのあちこちに建っている中国国内外の文化人の像にも注目したい。内山書店が建っていた辺りなので、書店主の内山完造の銅像や、この界隈に一時期住んでいたという魯迅とその仲間達の銅像が見られる。その他にもレトロな建物を利用したカフェ、茶房、骨董品屋等の店舗が並ぶ。

建造物

例えば「永安里」と言うアパートを見てみよう。道のカーブに綺麗に沿っている形が面白い。「余慶坊」と言う住宅街は、大正時代の詩人の金子光晴が妻の森三千代と共に暮らしていた場所だ。彼の著書「どくろ杯」に当時の余慶坊の様子が描かれている。現在も住宅として使用されている為、無断立ち入りや写真撮影しないよう注意しよう。1928年に竣工された珍しい中国風の教会「鴻徳堂」も見逃せない。

上海の危険対策


(Photo by hkxforce)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク