上海のメトロ(地下鉄)の料金、乗り方 、路線図、注意点

上海のメトロ(地下鉄)

2017/05/05 更新

shanghai metro

データガイド

概要

路線説明

上海のメトロは正式には「上海軌道交通」と呼ばれており、上海の人々や観光客にとって便利な交通機関のひとつである。メトロの路線としては1号-13号線と16号線が走行。そのうちの5号線と6号線はライトレールと呼ばれ、地下を走らない区間があるので厳密にはメトロではない。

上海のメトロは、上海地鉄運営有限公司が運営しており、上海市内から一部郊外まで路線を網羅している。メトロの2号線は、上海浦東空港から上海虹橋空港までの約60キロメートルをつないでいる。また、2号線は多くの観光地を走っており、乗継ぎの駅もほぼ走っているため観光客にとっても便利である。路線や時刻表は以下の公式サイトから確認しよう。

上海メトロ公式ホームページ
http://www.shmetro.com/EnglishPage/EnglishPage.jsp

乗車券

乗車券の種類

■上海交通カード
中国語では「交通卡」と呼ばれる。上海市内のあらゆる交通機関で利用できるICカードで、日本の「PASMO」や「SUICA」と使い方は同じ。購入時に20元のデポジットが必要で、以降は100元ずつチャージが可能。バスやタクシーにも使用でき、1時間半以内に乗り換えをすれば自動的に1元割引になるのもお得。駅構内の窓口やカードショップ、浦東発展銀行や中国交通銀行で購入できる。

■1回券
初乗りは3元で、走行距離が6キロメートルを超えると10キロメートルごとに1元ずつ加算される。

乗車券の購入場所

■駅窓口
■自動発券機

乗車券の券売機での購入方法

①画面上の下に書かれている路線(何号線か)を選ぶ

②路線図が出てくるので、目的地の駅をタッチ

③枚数を選ぶと料金が表示される

④表示された金額を支払うと下から乗車券が出てくる

乗り方

sha_metro

①荷物検査
メトロに乗車する前には荷物検査がある。買い物袋や小さいバッグは検査の対象ではないが、スーツケースや大きな荷物は検査機に通す必要がある。

②改札
自動改札口のカードリーダーに乗車券をかざし、バーをまわして改札に入る。1回券の場合は、差し込み口に切符を通す。 

③行き先の確認と乗車
ホームへ降りたら乗車する電車の行き先を確認して乗車しよう。ホームには、電光掲示板やモニターが設置されている。次の電車の到着時間も表示されているので便利だ。

降り方

sha_metro

①下車
次の停車駅名を車内アナウンスで案内してくれるので、下車する際は必ず確認を。アナウンスは中国語と英語で行われる。

③改札
電車を降りたら、乗車時と同様に自動改札機に乗車券をかざす。1回券の場合は、差し込み口に切符を通す。乗り越し精算は窓口で行うことができる。

④駅を出る
出口を間違えると離れた場所に出ることがあるため、事前に確認しておいた方が良い。駅構内にも案内板があるのでチェックしよう。

その他注意点

■エレベーター・エスカレーターがない
上海のメトロは、駅によってはエレベーターやエスカレーターが設置されていない。スーツケースや大きな荷物を持って移動する場合は、極力中身を軽くした方が無難だ。

■トイレがない駅もある
上海のメトロの約半分の駅にはトイレがない。トイレットペーパーも日本のように設置されていないので要注意だ。移動する前に、あらかじめデパート等で済ませておくことをお勧めする。

上海旅行者の必読記事

上海の危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

人気記事

上海のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク