スポンサーリンク

マカオ半島外(タイパ・コタイ)×グルメ

このカテゴリーをマカオ全域で見る

特集

macau-food

マカオの名物料理10選!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区のひとつ「マカオ」。香港からわずか15分ほどの距離にある、元ポルトガルの植民地だった都市である。植民地の歴史ゆえに、公用語もポルトガル語と広東語だ。ポルトガル文化は料理にも大きな影響を残し、マカオではポルトガル発祥のグルメも数多く受け継がれている。マカオの大きな特徴は、ポルトガル、中華、アジアなどの文化が混ざり合って生み出された「マカオ料理」。スパイスの効いた肉料理や、ココナッツミルクをふんだんに使ったデザートなど、マカオ独特の食文化が息づく都市なのである。

マカオ半島外(タイパ・コタイ)×グルメ

10件

PORTOFINO

1

碧濤意國漁鄉

数々の賞を受賞した本格イタリアン

「PORTOFINO」は5つ星ホテル「ザ・ベネチアン・マカオ」内にある本格的なイタリアンレストランだ。 毎年様々な賞を受賞している実力の持ち主。 ワインのセレクションにも定評があり、こちらも賞を受賞している。

Belon

2

貝隆

新鮮で豪華なシーフードグリルレストラン

ゴージャスな5つ星ホテル「バンヤン ツリー マカオ」の31階に位置する「貝隆」は、コタイ地区の煌びやかな眺めが美しい、西欧料理レストランだ。 新鮮なシーフードのグリルが売りで、オイスターバーも備える。 果物は地産の完熟のものが手摘みで収穫されているという。エキゾチックな味覚を味わいたい。

RESTAURANTE FERNANDO

3

法蘭度餐廳

隠れ家的ポルトガルレストラン

観光地から離れていて不便な立地にありながらも、開店時間から行列ができる人気のボルトガル料理店だ。 1986年にポルトガル人シェフのフェルナンド氏がオープンさせた。 スタート時は小さかった店内も、人気と共に手作りで拡張し、今ではダイニングスペースとバーカウンター、広いガーデンをも備えるようになった。

スポンサーリンク

António

4

安東尼奧

マカオ政府の折紙付きのポルトガルレストラン

マカオは1997年までポルトガルの支配下であったことから、ポルトガル料理店が数多く存在する。 その中でも「アントニオ」は、ミシュランガイド香港マカオ版をはじめとした様々な雑誌でとりあげられる有名店だ。 その実力はマカオ政府から勲章を受賞しているほど。

yamazato

山里

マカオでいただく本格日本料理

5つ星ホテル「オークラ」の28階に位置する「山里」は、寿司や懐石料理などの本格的な日本料理が食べられるレストランとして人気を博している。 店内は和風な雰囲気ながらスタイリッシュな作りで、プライベートにも仕事にもどのような用途にも使用できる。

Lai_Heen

麗軒中餐廳

リッツカールトンマカオ内にある中華料理屋

5つ星ホテルの中にあるだけあって、味もサービスもすべて最高級。カジノのメンバー割もある。

Lord_Stows_Bakery

ロード・ストーズ・ベーカリー

エッグタルトの発祥ともいわれるベーカリー

コロアン島にあるお店で、昔の雰囲気が残されているとても穏やかでゆっくりとした時間が流れる町にあるのでリフレッシュできる。

スポンサーリンク

Xin

シェラトンホテル内にある火鍋専門レストラン

お昼はブッフェのみ。店は非常に広い。飲茶も器や盛り付けが洒落ていて全て美味しい。

no-image

法蘭度餐廳

市内からは離れているものの、その味とサービスを求め多くの人が訪れるポルトガル料理の名店

いつも満席で1時間待ちは当たり前だが、バーカウンターでビールやワインを飲みながら待つことでできる。マカオの歓楽街とはまったく違った場所で雰囲気が最高。すぐそばに海がある。

no-image

小飛象葡國餐廳

マカオ風ポルトガル料理の名店

賑やかな大衆料理店という感じ、ポルトガル由来のマカオ料理は日本人の口にもよく合う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク