マカオの通貨・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

マカオの通貨・両替・免税

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_pataca-1080x810.jpg
  • データガイド

チェックト

通貨

通貨の種類

マカオの通貨はパタカ(MOP)。紙幣は、MOP1000、MOP500、MOP100、MOP50、MOP20、MOP10の7種類。コインは MOP10、MOP5、MOP2、MOP1、MOP0.5、MOP0.2、MOP0.1の3種類。

香港ドルも使用できるので、香港とセットで旅行する場合は換金額にもよるが香港ドルを使用して良いだろう。ただし、大きな額を使う場合はパタカの方がお得だ。

チップの習慣

原則としてチップの習慣はないが、高級ホテやレストランでは喜ばれる。レストランではお釣りを残す程度、ホテルの清掃員などにはMOP10程度が目安だ。なお、大衆食堂やタクシーなどではチップを払う必要はない。

両替

両替の場所、大まかな営業時間と注意点

空港、両替所、銀行、一部デパートで両替できる。銀行は平日は17:00ごろには閉まる。また、支店によっては土日でも営業しているので、急ぎの場合はチェックしてみよう。カジノには24時間営業している両替所もあるので困ったらチェックしてみると良いだろう。両替レートは、空港、両替所、デパートより市内の銀行が良い。

また、パタカから日本円への両替は必ずマカオで行うこと。パタカは日本や香港などマカオ以外の国では両替ができない通貨になっている。

免税

マカオは香港と同様で関税がかからず、免税の概念もない。

(Photo by Ken Marshall)

人気記事

マカオのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク