スポンサーリンク

マカオ半島新口岸

特集

マカオ

マカオ旅行の費用、予算とモデルプラン

マカオの正式名称は、中華人民共和国マカオ特別行政区。 中国の特別行政区の1つで、過去にはポルトガルの植民地だった場所だ。 現在はカジノを筆頭に、世界遺産などを中心とした複数の観光スポットがあり、世界中から沢山の人が訪れる。 今回はそのマカオ旅行にかかる予算や費用をご紹介したい。

macau-food

マカオの名物料理10選!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区のひとつ「マカオ」。香港からわずか15分ほどの距離にある、元ポルトガルの植民地だった都市である。植民地の歴史ゆえに、公用語もポルトガル語と広東語だ。ポルトガル文化は料理にも大きな影響を残し、マカオではポルトガル発祥のグルメも数多く受け継がれている。マカオの大きな特徴は、ポルトガル、中華、アジアなどの文化が混ざり合って生み出された「マカオ料理」。スパイスの効いた肉料理や、ココナッツミルクをふんだんに使ったデザートなど、マカオ独特の食文化が息づく都市なのである。

Macau plan

マカオ旅行6泊7日の予算とモデルプラン

マカオ旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。マカオのみどころは、世界遺産に登録されている「マカオ歴史市街地区」がある。教会や広場が集まるこの地区では、ヨーロッパ の景色の中にアジアの雰囲気が漂う、異国情緒あふれる街並みを楽しむことができるだろう。また、マカオといえば世界一のカジノ大国。マカオには、多くのカジノを楽しめる場所がある。カジノを楽しむのもマカオ旅行を堪能できる一つのプランとなるだろう。

Grand-Lisboa-Macau

マカオのお勧め定番観光スポット10選

初めてマカオに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

マカオ半島新口岸

15件

Macau Fisherman’s Wharf

1

マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ

海沿いに広がる、何でも揃うマカオの新しい観光名所

2005年にオープンした、マカオのカジノ王が建設した総合娯楽施設。 巨大な敷地にホテル、カジノ、ショッピングエリア、レストラン、ゲームセンター、展望台、資料館、ローマのコロッセオをイメージした劇場など、あらゆる施設が揃う。

Sands Macao Hotel

2

サンズマカオホテル

ラスベガスの豪華ホテルの雰囲気を味わえる、カジノを楽しむホテル

2004年にオープン。2億4千万米ドルをかけて建設され、さらに拡張工事がほどこされたサンズマカオは、およそ23万平方フィートのカジノエリアと、300の客室を擁する。 単体のカジノとしては世界有数の規模を誇る。

3

マカオ科学館

子どもも楽しめる、マカオの新しい観光名所

2009年に完成したばかりの、最新の科学博物館。すでにマカオの観光名所の一つになっている。 遊具やシミュレーションなど、双方向型といわれるアトラクションが魅力。 特徴は、世界的な中国系アメリカ人建築家が設計した、シルバーに塗られた円錐状の近未来的な建物。内部にはらせん状のスロープと、14のギャラリーや会議室もある。

スポンサーリンク

Grand Lisboa Macau

4

グランド・リスボア・カジノ

マカオの新しいランドマーク、市内を一望する高層ビルの豪華ホテル

マカオの老舗カジノホテルであるリスボアホテルの向かいに、2008年にオープンした。 香港の著名な建築家が設計した蓮の花をイメージした丸い建物と58階建ての高層ビルは、マカオの新しい象徴といわれている。 マカオの様々な場所から、グランドリスボアの特徴的なビルを望むことができる。

Lisboa Casino

カジノ・リスボア

マカオの象徴、きらびやかなネオンが目印の老舗カジノホテル

1970年にオープンした老舗の五つ星ホテル。マカオの新口岸に位置し、ネオンが煌く丸い建物の外観は長年に渡ってマカオの象徴となっている。 通りをはさんで建つ新しくオープンしたグランド・リスボアとは、歩道で行き来できる。

Centro Cultural de Macau

澳門文化中心

マカオのエンターテインメント性の一翼を担う施設

澳門文化中心は、新口岸地区の海岸沿いにある、スキーのジャンプ台のような形状の屋根が特徴的な建物だ。 ここでは、ミス・インターナショナルなどの世界的な催しから、市民向けの小ぢんまりとした催しまで様々なタイプのイベントが年中開催されている。

One Central Macau

ワン・セントラル・マカオ

高級ショッピングモールで、贅沢三昧を楽しむ

ワン・セントラル・マカオは、新口岸埋立地に2009年にオープンした比較的新しい大型ショッピングモールである。 ショッピングモールとは言っても入居しているテナントはディオール、ドルガバ、エルメスなどの有名ブランドばかりであり、いずれの店舗もマカオで最大の規模を持ったものばかりだ。

スポンサーリンク

GRAND PRIX MUSEUM

グランプリ博物館

車好きは必見、有名ドライバーのレアグッズを間近で見られる博物館

F3のマカオグランプリで有名なマカオならではの博物館。1993年、マカオグランプリ40周年を記念して建てられた。 展示されている歴代優勝者のリストには、アイルトン・セナ、ミハイル・シューマッハ、佐藤琢磨など、有名なF1ドライバーの名前がずらりと並ぶ。

L'Arc New World Hotel Macau

ラルク ニュー ワールド ホテル マカオ

中国人に人気、ヨーロピアンスタイルの五つ星高級ホテル

2009年にオープンしたニューワールドグループ系列のラルクホテルは、高級ホテルやカジノが立ち並ぶマカオの中心部に位置する。 すぐ隣にはウィン・マカオもあり、ここを拠点にいろいろなカジノを楽しむことができる。 凱旋門をイメージした外観と高層ビルの組み合わせが目印。 上層階は景色も楽しめるのでおすすめ。客室はゆったりとしてクラシックなイメージ。

Wine Museum

ワイン博物館

見て、飲んで学べる、ポルトワインとマカオとの関わり

マカオでは、現在でもポルトガル産のワイン「ポルトワイン」がよく飲まれており、ホテルや高級レストランでもポピュラーなアルコール飲料となっている。 この博物館では、そんなマカオとポルトワインとの関わりを、実際にワインを試飲しながら学ぶことが出来る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク