スポンサーリンク

ランタオ島

特集

hongkong food

香港の名物料理を食べよう!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区として国際的な都市・香港。食の街としても世界で知られる香港には、点心、飲茶、広東料理、絶品海鮮料理などのグルメが目白押し。世界でも夜景が美しいとして有名で、世界中から多くの旅行者が訪れる街でもある。国際都市であるため、各国の料理が楽しめるのも香港ならではの魅力だ。最近では文化が混ざった、独特のグルメも見かけるようになった香港。移り変わる歴史の中で、地元で愛されている名物料理を楽しんでいただきたい。

Hongkong plan

香港旅行6泊7日の予算とモデルプラン

香港旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。香港で観光をするなら、やはり夜景は鉄板スポットである。ヴィクトリアピークの夜景や、光と音楽のレーザーショーを楽しめるシンフォニーオブライツなどが人気だ。家族で訪れるなら、香港ディズニーランドもおすすめである。また、香港の雰囲気を堪能するなら、ネイザンロードだろう。多くのお店が軒を並べる繁華街は、ショッピングやグルメを楽しむならぜひ訪れたい。

Victoria-Peak

香港のお勧め定番観光スポット10選

初めて香港に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ランタオ島

6件

香港ディズニーランドの階段

1

香港ディズニーランド

アジアで2番目に開設されたディズニーランド

香港のランタオ島の東に位置する香港ディズニーランドは、2005年にアジアでは東京に次いで2番目に、世界では11番目に開園した。 香港市内からはメトロで約30分、香港国際空港からはタクシーで約15分、エアポートエクスプレスとメトロで約20分とアクセスしやすく、年間を通して人気の観光スポットとなっている。 シンデレラ城の代わりに建てられた眠れる森の美女の「オーロラ姫の城」(カリフォルニアディズニーランドのレプリカ)をはじめ、香港ディズーニランドのためだけに作られた世界でここだけのアトラクション「ミスティック・ポイント」が人気を呼んでいる。アジア地区ではじめて「トイ・ストーリーランド」が作られたのも、香港ディズニーランドだ。2016年6月から映画「スター・ウォーズ」をテーマにしたイベントを開催するなど、独自の取り組みが注目も集めている。

The big buddha and Po Lin Monastery

2

天壇大仏・寶蓮寺

世界最大級の屋外大仏と昂坪(ゴンピン)360

世界最大級の屋外大仏、香港最大級の禅寺、寶蓮寺があり、香港で最も気の流れがよいとされるランタオ島のパワースポット。 メトロ東涌(トンチョン)駅から伸びる昂坪(ゴンピン)360ケーブルカーに乗って出かけよう。 土日祝日は大変混雑するので早めに出かけることをおすすめする。

Wisdom Path

3

ハート・スートラ

香港一のパワースポット

香港のランタオ島にある心ハート・スートラ(心経簡林)。 風水的にも大変よいとされるランタオ島(大嶼山)の中でも、最も気の流れがよいとされるパワースポットだ。 儒教、仏教、道教で有名なお経のひとつ般若心経の一節が彫りこまれた38本の木柱が、無限大を示す8の字の形に配置されている。 また、この8の字の形の中心に当たる木柱には、「無から無限に通じる」という意味があり何も書かれていない。

スポンサーリンク

Tai O

4

大澳

古くから変わらないランタオ島の小さな漁村

高層ビルが建ち並び、多くの人々で賑わう香港中心部からは想像もできない、古くから続く小さな漁村、大澳(タイオー)。 大嶼山(ランタオ島)西部に位置し、中環(セントラル)エリアからはフェリーとバスを乗り継いで約1時間だ。 時間がゆっくりと流れ、都会の喧騒を忘れさせてくれるこの村では、人々は昔と変わらず棚屋と呼ばれる水上家屋に暮らしている。

Pui O

貝澳

ランタオ島のレジャースポット

大嶼山(ランタオ島)に位置する貝澳(プイオー)は、レジャーエリアとして人気のスポットだ。 湾の地形が螺に似ていることから螺杯澳(ロープイオー)とも呼ばれる。 老圍(ローワイ)、新圍(サンワイ)、羅屋(ローウク)、鹹田(ハンティン)の四つの村からなり、南大嶼郊野公園(ランタオ・サウス・カントリーパーク)の端に位置している。

Silvermine Bay

銀鉱湾

静かなビーチリゾートエリア

大嶼山(ランタオ島)東南部に位置する梅窩(ムイオ)エリア一帯に広がる銀礦灣(シルバーマインビーチ)。 周辺の山では、1862年から1896年にかけて鉛鉱が採掘されており、白銀の生産が盛んだったことから銀礦灣(シルバーマインビーチ)と名付けられた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク