紅灯区の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

紅灯区 (フォントンカイ)

2017/05/05 更新

http://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=1080x9999&location=22.278105%2C114.171861&fov=42.55880832&heading=-85.68&pitch=0.47&sensor=AIzaSyBHfo6k_qeF5rkCk_gkCp9uIU_asZOatUM

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

紅灯区とは「ピンク色のネオンが灯る街」と言う意味で、いわば歓楽街のことだ。かつては港町として栄えていた灣仔(ワンチャイ)エリアには、多くの紅灯区があった。外国から寄港する船乗り達も足を踏み入れたと言われている。日本人街も存在していたが、埋め立てや再開発に伴い一気に廃れ、現在はその面影はない。

見どころ

かつて紅灯区として最も栄えた場所は、湾仔の中心部を走る2つの大通り「告士打道(グロースターロード)」と「軒尼詩道(ヘネシーロード)」に挟まれた「謝斐道(ジャフェロード)」と「駱克道(ロックハートロード)」周辺だ。現在は多国籍レストラン、ナイトクラブ、パブ、バーが多く集まっており、夜になると地元の人や多くの外国人で賑わう。

香港旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
香港のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク