スポンサーリンク

ネイザンロードの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ネイザンロード
彌敦道  (ネイザンロード)

2017/02/24 更新

Nathan Road

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Nathan Road

彌敦道(ネイザンロード)は、九龍島一番の繁華街尖沙咀(チムサーチョイ)から太子(プリンスエドワード)まで南北に走る通り。メトロ荃灣線尖沙咀(チムサーチョイ)駅、佐敦(ジョーダン)駅、油麻地(ユマテイ)駅、旺角(モンコック)駅、太子(プリンスエドワード)駅があり、九龍島のメイン通りとなる。

通りにはレストランやお店が多く並び、24時間眠らない街と言われる香港の魅力がぎっしりつまっている。ネイザンロードは界限街(バウンダリーストリート)まで続き、エリアによって雰囲気が違うところも魅力的だ。

ネオン

ネオンが輝くこの通りは、かつて、ゴールデンマイルと呼ばれていた。道の上にせり出したカラフルな看板や通りのお店のネオンは歩く者の目を引き、夜でも明るく大変活気があり賑わっている。

チェック

①尖沙咀から佐敦まで

Nathan Road

日本料理の店もある賑やかなエリア

尖沙咀エリアから佐敦エリアの間は、大型ショッピングモールや高級ブティック、多国籍のレストランが並び、常に多くの人々で賑わうエリアとなっている。

メトロ荃灣線尖沙咀駅から南へ歩くと、九龍酒店(カオルーンホテル)、半島酒店(ザ・ペニンシュラ・ホンコン)等のホテルが並び、多くの観光客が行き交う。中間道(ミドルロード)との交差点には日曜日も営業している尖沙咀郵便局があり、麼地道(モディーロード)との交差点では、地下で繋がっているメトロ荃灣線尖沙咀駅とメトロ東鐡線尖東(チムサーチョイイースト)駅が交わる。

お土産店や多くのコスメショップ等が軒を連ね、日本食レストランも多い金馬倫通(キャメロンロード)と交差する辺りには、九龍(カオルーン)公園、九龍モスクがあり、美麗華商場(ミラショッピングセンター)や、ザ・ミラホテルがある金巴利道(キンバリーロード)との交差点を北上すると、佐敦エリアに出る。

スポンサーリンク

②佐敦から太子まで

Nathan Road

下町感溢れる露店がずらり

メトロ荃灣線佐敦駅周辺からは、尖沙咀エリアとは違う下町の雰囲気の残るエリアへの入り口だ。

窩打老道(ウォータールーロード)との大きな交差点を過ぎると、油麻地(ユマテイ)エリアに入る。翡翠のアクセサリーが格安で手に入る玉器市場、ナイトマーケットで有名な男人街、占いの廟街もこの周辺にある。

油麻地エリアを北へ進むと、電気街や問屋街、女人街をはじめとする多くの露店街が点在する旺角(モンコック)エリアへと入る。旺角エリアの北、太子(プリンスエドワード)エリアにも、フラワーマーケット、金魚街、雀鳥花園(バードガーデン)等、古くから続く露店街があり、通りには人が溢れている。

ネイザンロードの危険対策


(Photo by Eduardo.M.C Konrad Lembcke Joop lam eason)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク