スポンサーリンク

香港上海銀行の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

香港上海銀行 (ホンコンシャンハイギンコウ)
香港上海銀行 (ホンコンシャンハイバンク)

2016/08/04 更新

Hong Kong Shanghai Bank

スポンサーリンク

概要

香港中環の真の中心地

Hong Kong Shanghai Bank

英国のロンドンに本店を置く、香港上海銀行(HSBC)のアジア太平洋地区の本部ビル。
第3代目の建物となる現在のビルは、1983年英国の建築家、ノーマン・フォスターにより設計された。
当時で考えられるありとあらゆる最先端の技術を駆使し、HK$50億をかけて建設された。

香港島の金融中心、中環(セントラル)に位置し、その住所は、皇后大道中(クイーンズロードセントラル)1番地。
女王の名前を冠した通りの1番地は、かつて英国統治下にあった時代の、香港の中心を意味した。
高さ178.8メートル、44階建てのビルは1985年の完成当時、中環(セントラル)エリアで一番高いビルであった。

建物を建設する際、風水を取り入れる香港では、この香港上海銀行ビル建設時にも例外なく、風水の専門家の意見を聞いたと言われている。
香港ドル発券銀行の一つで、すかし部分にビルの絵が入っている。

見どころ

香港上海銀行の獅子像

Hong Kong Shanghai Bank

香港上海銀行の門番ともいうべき二つの獅子像は、香港1865年初めて香港上海銀行がこの地に設立されてから変わらず受け継がれてきた。
左側で口を開いた獅子がStephen(ステファン)と言い、香港上海銀行のチーフマネージャーであり、香港行政局のメンバーでもあったA.Gステファンから名付けられた。
右側の口を閉じた獅子がStitt(スティット)で、上海のマネージャーであったG.Hスティットより名付けられ、二つの獅子像はそれぞれの性格を表しているとも言われている。

地上階にはATMのみ設置されており、窓口は3階にある。
また銀行としては珍しく、英語と広東語で建物の歴史、概要について書かれたパンフレットが配布されている。

(Photo by Andrew and Annemarie Kent Wang Toby Oxborrow)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット