スポンサーリンク

香港会議展覧中心の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

香港会議展覧中心 (ホンコンカイギテンランチュウシン)
香港會議展覧中心 (ホンコン・コンベンション・アンド・エキシビション・センター)

2017/05/05 更新

Hong Kong Convention and Exhibition Centre

概要

湾仔(ワンチャイ)エリアのランドマーク

Hong Kong Convention and Exhibition Centre

湾仔(ワンチャイ)エリアのビクトリアハーバーを埋め立てて建設された香港会議展覧中心(ホンコンコンベンションアンドエキシビションセンター)は、会議施設と展示施設を併せ持ち、ホテルとコンドミニアムを併設するアジア最大級の複合施設だ。
対岸の九龍(カオルーン)島からも目をひく建物は、海鳥が羽たこうとする姿がデザインに用いられた。

また、1997年7月1日に香港返還の式典が行われた場所としても有名だ。
香港会議展覧中心(ホンコン・コンベンション・アンド・エキシビション・センター)前の広場は、金紫荊広場(ゴールデンバウヒニアスクエア)と呼ばれ、香港返還の際、中国政府から贈られた香港の国花、黄金の金紫荊(バウヒニア)のモニュメントが建てられている。

現在は各種イベント、国際会議などで使用されているほか、香港会議展覧中心(ホンコンコンベンションアンドエキシビションセンター)の周辺を囲む博覧海濱花園(シーサイドプロムナード)からの景色を楽しむ観光客で賑わっている。

香港の危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク