市内東部×公園・広場・通り

このカテゴリーを北京全域で見る

市内東部×公園・広場・通り

4件

Sanlitun

1

三里屯

新しい北京を感じるエリア

三里屯(サンリトン)は、最先端のショップやレストランが軒を連ねる、トレンドの発信地として日々変化を遂げるエリアだ。欧米各国大使館が点在しているため外国人が多く、かつてはバーやパブなどが多いナイトスポットとして知られていたが、北京オリンピック開催以降は再開発が進み、高級ブランドショップやモダンでおしゃれなレストランが並ぶエリアへと変化を遂げた。通りを歩けば勢いのある新しい街並みを感じることができるだろう。流行に敏感な若者をはじめ、多くの外国人観光客などで賑わっている。

Guomao

2

国貿

北京の中枢エリア

国貿は、北京のビジネスエリアの中枢、通称CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)だ。 北京を東西に走る建国門外大街と東三環路との交差点エリアを中心に広がる。 中国国際貿易センター(チャイナワールドトレードセンター)を中心に、中国国際展覧中心、北京テレビセンターなどをはじめ、金融や貿易などのビジネス機関が集まり、中国大飯店や国貿飯店などの高級ホテルが入る高層ビルが立ち並ぶ。

Ritan Park

3

日壇公園

市街のほど近いところにある、大都会の手近なオアシス

今や2,000万人以上の人口を抱え、東京、ソウルに次ぐアジアの重要都市として発展を続ける北京。そんな喧騒から少し離れ、ホッと一息つくことが出来るような場所が、この日壇公園である。 日壇は明代の1530年より少しずつ建設され、朝日壇という名前でも長らく親しまれてきた。

スポンサーリンク

798 Art Zone

4

798芸術区

北京市屈指のアートエリア

798芸術区は、北京市内屈指のアートエリア。廃棄された工場からモダンアートの最先端をゆく芸術区へと変身した異色のエリアで、そのアンバランス感も魅力のひとつ。世界中から多くの人が訪れている人気観光スポットだ。 芸術区ではさまざまな芸術展が毎日のように開かれており、アートを学ぶ学生たちの発表の場としても用いられている。通りにはバラエティー豊かななオブジェが並び、歩いているだけでも面白い。迷路のような細い裏路地を歩けば、隠れたギャラリーを発見することも。レストランや、カフェ、アート作品を販売するショップ等も軒を連ねているので、ゆっくりと時間をかけて散策してみよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク