スポンサーリンク

玉淵潭公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

玉淵潭公園 (ギョクエンダンコウエン)
玉淵潭公園 (ユエンタン・ゴンギュエン)

2017/05/05 更新

Yuyuantan Park

概要

皇帝が釣りを楽しんだ、宮廷庭園

Yuyuantan Park

大きな湖のある、敷地2000万平方メートルを超えるこの広大な公園は、歴代皇帝のための庭園であった。
清の6代皇帝乾隆帝が魚釣りを楽しむために、釣魚台を建てた。
玉淵潭は、皇帝のそばにある水辺という意味である。

公園となった現在では、敷地内遊園地、プールなどが作られ、北京市民の憩いの場として親しまれている。
園内には3000本の桜の木があり、北京随一の桜の名所でもある。
日中友好のシンボルとして日本から送られたという桜もある。春先には大勢の花見客が訪れる。

かつて、西太后が故宮から頣和園(いわえん)に行くために使ったという運河が北京の西側を流れており、園内の発着所から頣和園まで、運河を通って遊覧船で行くことができる。
所要時間はおよそ50分。

北京の危険対策


(Photo by Bridget Coila Nikolaj Potanin)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク