スポンサーリンク

王府井大街でのお土産情報、料金、アクセス・行き方、営業時間

王府井大街 (オウフイ)
王府井大街 (ワンフーチンダイジェ)

2017/05/05 更新

Wangfujing Street

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

北京一の繁華街

Wangfujing Street

東長安街から中国美術館まで南北に伸びる全長1600メートルのエリア。
王府井大街は、故宮博物院の東に位置しており、故宮を挟んだ西にある西単と並び北京を代表する繁華街だが、若者の流行の発信基地としての西単と比べ、王府井は長い歴史の元に、国内外の知名度も高く、北京最大の繁華街と称される。
伝統的なものと新しいもの、高級品から庶民的なもの、東洋のものから西洋のものまで、まさに古今東西何でも揃うと言われている。

通りの南部は終日歩行者天国になっており、外国からの観光客のほか、中国の地方からの観光客など、多くの人で賑わう。

王府井とは、この地に元々皇族の住宅である王府の井戸があったことからそう呼ばれるようになった。都市の再開発時に発見されたその場所の地面には、現在マンホール型の記念碑がはめられている。

度重なる再開発や店舗の改装により、一時期は西単三里屯へ客足が流れたと言われていたが、開発が落ち着いた今は美しく整備された道路やモダンな建物、古さを取り込んだ新しいだけではない北京の今を知ることが出来る王府井はやはり北京一の名にふさわしい繁華街なのである。

見どころ

①とにかく、なんでも揃う

Wangfujing Street

駅を出てすぐに、100年以上の歴史を持つ北京飯店がある。王府井には北京飯店以外にも王府井大飯店や北京晶酒店など、5つ星ホテルが多い。

また駅と直結している東方新天地は巨大なショッピングモールで、地下にはフードコートなどがあり気軽に立ち寄れるスポットとなっている。テナントも多く、若者向けのファッションから雑貨やスポーツ用品などもある。
ソニーのイベントスポットなどもあり、最新の科学技術を体験できる。
また、都市開発時に発見された石器時代の遺跡の博物館「北京王府井古人類文化遺址博物館」もある。

東方新天地の並びには大型の書店、東王府井書店がある。北京は案外本屋が少ないので、地図を始め探している本があったらここに立ち寄ってみよう。最上階はCDなどのコーナーになっており、中国本土や香港の歌と映画や、中国ならではの書道や太極拳の教材ビデオも揃っている。
少し駅からは遠いが、外文書店には日本語を始め外国語の本を扱っている。

また、大型のデパートも多く、値段はやや高めだが、豊富に揃ったブランド品や宝飾品、化粧品など安心して購入できるものが揃う。

②伝統的な軽食を堪能しよう

Wangfujing Street

「王府井小吃街」は北京をはじめとする中国の軽食の屋台街だ。殆どのお店がテイクアウトメイン。
有名なのはサソリや蚕、ヒトデなどのゲテモノの串焼きだ。勇気がある人はチャレンジしてみてはどうだろうか。
「東華門美食坊夜市」は夕方から始まる夜市で、こちらも中国の伝統的な軽食屋台が並んでいる。

「王府井民族文化街」は老舗のレストランや安くておいしいB級グルメの店があり、また中国らしいお土産が揃うエリアである。

「王府井天主堂」はカトリック教会で、ゴシック風の建物は異国情緒にあふれ、新婚カップルの撮影場所としても人気がある。夜になるとライトアップされ、一層ロマンチックになる。

北京の危険対策


(Photo by Jeremy Reding sanfamedia.com kanegen)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク