スポンサーリンク

798芸術区の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

798芸術区 (798ゲイジュツク)
798艺术区 (ダーシャンヅィアートゾーン)

2016/08/04 更新

798 Art Zone

スポンサーリンク

概要

特徴

798 Art Zone

798芸術区は、北京市内屈指のアートエリア。廃棄された工場からモダンアートの最先端をゆく芸術区へと変身した異色のエリアで、そのアンバランス感も魅力のひとつ。世界中から多くの人が訪れている人気観光スポットだ。

芸術区ではさまざまな芸術展が毎日のように開かれており、アートを学ぶ学生たちの発表の場としても用いられている。通りにはバラエティー豊かななオブジェが並び、歩いているだけでも面白い。迷路のような細い裏路地を歩けば、隠れたギャラリーを発見することも。レストランや、カフェ、アート作品を販売するショップ等も軒を連ねているので、ゆっくりと時間をかけて散策してみよう。

歴史

1950年代に旧東ドイツ建築家によって建てられた国営工場の跡地である。かつては火薬工場として使われていた場所を、中国人画家・黄鋭氏と東京銀座の東京画廊が共同でプロデュースしたことで、多くのアーティストたちのアトリエが集結。街全体が個性豊かな芸術作品で飾られる芸術区へと発展した。

チェック

ユーレンス現代美術センター(UCCA)

798 Art Zone

工場と融合したモダンなギャラリー

798芸術区の目玉は、中国アートを大量に保有することで知られる、ユーレンス現代美術センター、通称UCCA。モダンなデザインをしたギャラリーには多くの中国人アーティストの作品が展示されている。廃棄工場の鉄のパイプや煙突などの中にうまく融合されたアート作品は興味深く、中国国内でも自由に芸術を表現できる場として人気を集めている。

(Photo by Jirka Matousek Charlie fong La Priz)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット