スポンサーリンク

市内西部×建築物

3件

Lugou Bridge

1

盧溝橋

世界で最も美しいと絶賛された、北京では最古の石造りの橋

盧溝橋は世界で最も美しいと絶賛された、北京最古の石造りの橋である。かつて中国を訪れたマルコ・ポーロが、盧溝橋を世界で最も美しい橋と絶賛。「東方見聞録」にその名が記されている。このことから、マルコ・ポーロの橋とも呼ばれる。 260メートルの石造りの橋で、11のアーチが連なる。橋の欄干には、すべて形や表情が異なる501の獅子の石像が飾られている。橋を渡りながらその数を正確に数えるのは難しかったことから、中国では数えられないものという意味を表すのに、「盧溝橋」の獅子と言う。

The White Cloud Taoist Temple

2

白雲観

北京のパワースポット

唐代739年の創建で、かつて「天長観」と呼ばれていたが、1203年大極宮と改称。 その後、長春真人の住居となり「長春宮」と改称されたが、1394年(明代洪武27年)長春真人の死去後に「白雲観」と改称された。 道教全真派の総本山ともされる、北京で最大の道教寺院である。

Pagoda of Cishou Temple

3

慈寿寺塔

数百年の時を超えて変わらぬ佇まい

北京市西部を流れる昆玉河の運河沿いに位置する小さな公園、玲瓏公園の南口に建つ、慈寿寺塔。 公園の名前から玲瓏塔とも呼ばれている。 玲瓏公園は、明の時代1576年に建てられた慈寿寺跡に造られた公園で、慈寿寺塔は数百年の歴史を誇る北京の代表的な塔だ。 八角十三層と言われる磚石造りの塔で、高さは約50メートル。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク